オートマグ / Auto Mag 【自動拳銃】

44オートマグ
モデル全長重量口径装弾数製造国
180295mm1660g.44AMP7+1アメリカ
160295mm1660g.357AMP
?295mm1660g.41JMP
280 CLINT-1345mm?g.44AMP

 1969年にアメリカ・カリフォルニアの銃器デザイナーのハリー・サンフォード氏によって開発された、世界初のマグナム弾自動拳銃
 1958年、ハリー・サンフォード氏はハンティング向けに「.44マグナムの威力を持つ自動拳銃弾」として「.44 Auto Mag(AMP)」弾を設計・発表したが、この弾薬の売り込みに失敗したためこれを使用する銃器は作られなかった。
 そこで1970年、同氏はAutoMag社を設立し、自社からこの弾薬を使用する拳銃を販売することを決めた。

 フレームや機関部には強固なステンレス材を用い、動作には自動拳銃としては一般的なティルトバレルではなく、ロータリーボルト式のショートリコイルを採用することで強力なマグナム弾の威力に耐え得る機関部を実現している。
 
 非常に野心的な製品であったものの、経営者のハリー・サンフォード氏に経営や販売のノウハウがなかったため商業的には大きく難航、銃や弾薬の価格が暴騰。僅か2年でAutoMag社は破産となった。その後AutoMag社はトーマス・オイル社に買収され、その子会社TDE(Trade Deed Estates)としてオートマグの生産を継続した。
 後にハリー・サンフォード氏自身も資産を回復し、OMC(Ordnance Manufacturing Company)社やAMT(Arcadia Machine&Tool)社を設立し販売を再開。
 しかし1982年にはやはり販売の低迷からオートマグの生産を終了。翌年1983年にクリント・イーストウッド主演の「ダーティハリー4」で主役として活躍したことから人気が一躍向上するも、既に安く買い取られた既存モデルの値段が高騰したのみでオートマグの生産を復帰するには至らなかった。
 
 しかしAMT社はこの間、ハードボーラーバックアップといった製品がそれなりの成功を収めたことで経営を回復。「オートマグ」の名を冠するより一般的な弾薬を使用する狩猟用ピストルオートマグIIとその後継シリーズを世に送り出すことに成功している。

 1996年にハリー・サンフォード氏が死去した後も根強いファンによるパーツの需要があったため、息子のウォルター・サンフォード氏の管理によりパーツの供給が継続。
 2006年以降は趣味シューティング銃器の製造で有名なハイスタンダード社により製造権が部分的に購入され、生産の再開が発表される。しかし本モデルの生産はやはり限定的なものに留まった。2015年にはウォルター・サンフォード氏からオートマグに関する商標権や製造権を全て買い取った「AutoMag」有限会社が設立され今後生産を行うと発表しており、既に予備パーツの供給も開始している。

 1982年までの生産数はおよそ9,000挺で、流通数が少ないため「品質が低くジャムが多かったため失敗した」などの多くのデマが流れたが、実際の動作は安定しており十分な性能を持っていた。

登場作品ジャンル使用者備考
BANG!!2項目参照
OPERATION7項目参照
SOUL項目参照
the EDGE項目参照
VERSUS項目参照
甘く危険なナンパ刑事漫画相沢光司金メッキ加工
密輸品
銀行強盗相沢が落とした物
アンチャーテッド項目参照
裏刑事TVドラマ岩城丈二第3話
エイブル項目参照
エロイカより愛をこめて項目参照
科学忍者隊ガッチャマンF(ファイター)アニメ中西竜(みみずくの竜)『危うし!ガッチャマン基地』の回で使用
機動警察パトレイバー項目参照
火線上のハテルマ項目参照
巨獣特捜ジャスピオン特撮タイガージョー本銃がベースのビームガン
クライシスダイバー漫画亜樹将太郎非致死性武器として使用
グランド・セフト・オートシリーズ項目参照
九龍妖魔学園紀項目参照
ゲームセットには早すぎる漫画殺し屋
劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス項目参照
コヨーテ ラグタイム ショー項目参照
さばげぶっ!項目参照
砂ぼうず項目参照
シティーハンター項目参照
スワロウテイル映画葛飾組組員
ゾンビリベンジゲーム毒島力也
ダーティハリー項目参照
大鉄人17特撮キャプテン・ゴメス減音器を装着したこともあり
チーフ・キッド
ブレイン党員
発砲なし
ダイナマイト刑事(PS2版)項目参照
ついでにとんちんかん漫画改造拳銃
天使ノ二挺拳銃項目参照
凍京NECRO〈トウキョウ・ネクロ〉項目参照
特警ウィンスペクター特撮藤野純子スコープ
ドーベルマン刑事漫画宮武鉄二特別製の30連マガジンを装填しての発砲もあり
トゥルー・クライム項目参照
バイオハザード7 レジデント イービル項目参照
バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ項目参照
バトル・ロワイアル項目参照
パラサイト・イヴ項目参照
ヒットマン アブソリューション項目参照
ビバリーヒルズ・コップ2項目参照
ファントム オブ インフェルノ項目参照
摩訶摩訶ゲームマイケル
メタルサーガ項目参照
闇のイージス項目参照
勇者特急マイトガインアニメOPに登場
ワイルド7項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アニメ「phantom」でアインが使うシーンがあります。 -- 零夜? 2013-12-12 (木) 15:40:46
  • ファントムは追加済みだよ。ファントムオブインフェルノのリンク先を参照のこと -- 2013-12-12 (木) 18:51:53
  • これは失礼いたしました、お詫び申し上げます。 -- 零夜? 2013-12-17 (火) 09:50:23
  • ドーベルマン刑事で宮武が使ってたのは確か、連発可能な改造式だったはずですので追記など御願いしたい所です。 -- 2014-07-26 (土) 16:48:36
  • psycho-pass劇場版でニコラス・ウォンが使ってましたね -- 2015-08-25 (火) 16:36:18
  • 平井和正「死霊狩り」で主要キャラクターの主要武器として登場。 -- 2016-02-10 (水) 14:35:40
  • たしかこち亀でも初期の方で両さんが使ってたよね。まだ20巻くらい?のころ。 -- 2016-12-16 (金) 18:15:39
  • バイオ7でまさか鳥籠の中にこれがあるとは思わんかった -- 2017-01-23 (月) 20:04:52
  • SHOT Show 2018にて完全復活の狼煙を上げた模様、現代の技術と素材を使って動作製はバッチリだとか、名前は【EXCEL ARMS 44AUTOMAG】だそうです。 -- 2018-02-10 (土) 20:03:52
  • まぁ記事の通り元々信頼性は十分あり、他所で見られるジャム云々はデマですけどね(そうでなければ映画プロップになど使用できません)。
    「名前は〜」というのはよく分かりませんが、文言も含めてミリブロの転載でしょうか?まぁその記事の写真にある製品名プレートや海外サイトでも単に「AutoMag」とあると思いますが。 -- 2018-02-10 (土) 20:20:30
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-23 (火) 17:23:34 (25d)