拳銃 / Hand gun

 片手で使用できる、携帯を目的とした小型銃器の総称。日本の報道メディアでは短銃やけん銃とも呼ばれる*1。また江戸時代には短筒と呼ばれていた。
 サイズの関係上から通常は威力の低い拳銃弾が用いられる。
 
 他の火器と比べ小さく安価で市場で多く流通するため、各銃器メーカーが最も力を入れる分野となっている。その使用法は護身用、スポーツ競技用、観賞用など多岐に渡る。18世紀末から19世紀のヨーロッパでは決闘用の武器としても好まれた。
 またサイズの小ささから遊戯銃の題材としても大変人気がある。
 

歴史

 15世紀ごろに登場した先込め式(マッチロック式)銃を短くした物に始まり、薬莢の発明、中折れ式を経て、回転式拳銃(リボルバー/Revolver)、自動拳銃の順で登場した。先込め式の頃には構造上連発できないことから、グリップの先に鈍器として使用できるよう丸い部品をつけた物もあった。
 現在は回転式拳銃と自動拳銃が一般的で、民間では作動の信頼性から回転式拳銃を、軍や警察の特殊部隊では装弾数を重視し自動拳銃を使用することが多い。しかし近年では技術の発達から自動拳銃の信頼性は高い物となり、幅広く使用されるようになっている。
 昔の回転式拳銃は、弾丸、火薬、雷管を個別に装填するパーカッション(管打)式が主流であった。この方式を採用した回転式拳銃はパーカッション・リボルバーと呼ばれ、コルト M1851などが有名である。
 1850年代にS&W社によって金属性薬莢が発明されてからは、コルト SAAS&W M29に見られるような現在の形になった。
 近年はベレッタシグザウエルグロックのような、ダブルカラムによる多弾倉で、9mmパラベラム弾を使用する中型自動拳銃が主流である。
 米国ではストッピングパワーに対する考えから、.45ACP弾.40S&W弾といった大口径拳銃も人気があり、これらの口径にも対応したモデルも多い。また、一部の法執行機関などでは任務の特殊性から短機関銃のような性能の機関拳銃といったものも採用されている。
 

メディア上での扱い

 映画やドラマ、ゲーム作品でもなどでも多くのシーンに登場し、様々な役割を演じていることは最早説明は不要であろう。
 演出として映画『ダーティハリー』のように自動車のエンジンを破壊するなど、過剰な威力で描写されることも多いが、現実の拳銃実包は強力なものでもそれほどの威力があることはない。*2
 一方、自動車のドアなどは一般的な9mmパラベラム弾でもたやすく貫通するため、映画でよく見られるような車を盾にして銃撃を防ぎきる事は難しい。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 最後の車の扉を盾にすると言う部分ですが海外のパトカーは扉に防弾プレートを入れていると聞いたことがあるのですが -- 44? 2014-05-25 (日) 23:58:12
  • アメリカとかのパトカーの扉は銃撃戦なった時に遮蔽物になるように防弾素材で作られている。普通の車の扉は盾にすると簡単に貫通してしまう。エンジン部分とかなら話は別だが。 -- 2014-07-08 (火) 15:23:05
  • あと、確かホイールも防弾性を上げる為にアルミじゃなくてスチール製になっているそうです。 -- 2014-07-08 (火) 15:54:11
  • ワントリガーで銃弾が二つ飛び出す拳銃ってどう思います? AF2011―A1ってものなんですけど -- 2016-02-08 (月) 23:07:10
  • ↑ どう、と言うとどういう事?実用性の話?もし民間人でも買えるならマシンピストル的なものの代替品になり得るかなぁとは思うけど、「1回のトリガー動作で2回以上発砲する」機構はなんかアメリカの法律的にダメっぽいとかいう話があったけどその後どうなったんだろう・・・なんか既にレビューとかはあるけど。 -- 2016-02-08 (月) 23:17:44
  • なんかよう分からんが、調べたところ2012年時点で販売許可自体は降りてたみたいね。「2つのトリガーは別々でシアが1個」もしくは「2つのトリガーは結合していてシアが2個」のどちらかという変則的な仕様にして合格したとか何とか・・・ -- 2016-02-08 (月) 23:36:09
お名前:


*1 拳の文字が常用漢字にない為
*2 過去に日本の警察官が.38spl弾を用いて自動車を停止させた事例があるが、これは自動車の前面開口部にある比較的脆弱なラジエーター(冷却装置)を貫通、破壊したためであった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-21 (水) 11:02:48 (33d)