ハード・ターゲット / Hard Target

1993年、アメリカ映画
監督:ジョン・ウー

・ストーリー
 元アメリカ海兵隊偵察部隊、しかし今は職にあぶれ、ニューオーリンズでホームレスに落ちぶれているチャンス・ブドロー。ある日ひょんなことで強盗から助けた美女、ナット(ナターシャ)・ビンダーに、行方不明の父を捜すのを手伝って欲しいと頼まれる。最初は金目当てだったチャンスは、調査を進めるにつれて、この地で《人間狩り》をプロモートする組織 “サファリ” の存在に突き当たる。フーション率いるその組織は、軍歴のあるホームレスを『獲物』に仕立て、ブルジョア客に残虐な殺人ゲームを斡旋していたのだ。
 ナットの父、そしてチャンスの友人も、《人間狩り》の標的にされ死んでいった。そして今度は、秘密を知ったチャンス自身が狩りの《ターゲット》にされようとしていた――。

・作品解説
 『男たちの挽歌』のジョン・ウー監督、アメリカ進出(脱出?)第一作。ちなみにプロデューサーは『スパイダーマン』のサム・ライミ氏。今や押しも押されぬメジャーの御両名だが、この頃はまだ(良くも悪くも)B級の匂いがプンプンである。
 まだ『ハリウッド流』に不慣れだっただけに、消化不良の部分(アクションに比べてドラマパートが弱い、とか)も少なくないが、ウー作品の大きなテーマである、『どん底から這い上がろうとする男達の闘い(あるいは悲劇)』は、本作でも貫かれている。
 (つい先日ハリケーンで壊滅したニューオーリンズが、『貧しく不幸な町』として舞台になるのも、なにやら暗示的ではある。)
 もちろん、アクションでは『弾が飛び、蹴りが飛び、鳩も飛ぶ』ジョン・ウー節全開。ヴァン=ダム、ランス・ヘンリクセンはじめ、主役・悪役のキャラ立ちもバッチリである(主役より悪役の方が『濃い』のもウー監督らしいかも)。主要キャストの面々が、いずれもその後のウー作品から遠ざかっているのは残念だが、裏返せば本作でしか見られない要素も多く、捨てがたい佳作である。
 主役陣にほとんど死者が出ないのも、ウー作品ではちょっと珍しい。

登場人物銃名備考
チャンス・ブドローベレッタ 92FS
ベレッタ 92FS Inox
敵から強奪
終盤ではノーマルとInoxの二挺拳銃
モスバーグ M500終盤で使用
ステンレスモデル
H&K MP5A3敵から強奪
ナット・ビンダーベレッタ 92FS Inox終盤で敵から強奪
カーマイン・ミッチェルベレッタ 92FS
エミール・フーショントンプソン コンテンダー
ベレッタ M92FS終盤で使用
ピック・ヴァン・クリーフモスバーグ M590タクティカルライト装着?
コルト XM177E2M203装着
ヘリからの銃撃で使用
H&K MP5Kサプレッサー装着
グロック 19終盤で使用
スタームルガー MkI暗殺用モデル
エライジャ・ローパーコルト M727墓地でゼナンから強奪
イスマル・ゼナンコルト M727サプレッサー装着
ナイトスコープ装着
マガジンキャッチャー装着
レーザーサイト装着
サファリ構成員
(フーションの手下)
ベレッタ 92FS
H&K MP5A3
H&K MP5Kサプレッサー装着
ハンター
(フーションの顧客)
FN FAL
RDI ストライカー12
AKS47
RPKタイプバルメ社のコピー銃?

コメントはありません。 コメント/ハード・ターゲット?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:06:58 (553d)