非常戦闘区域 / GUERREROS

2002年 スペイン映画
監督 ダニエル・カルパルソロ

 1999年、コソボ。NATO軍の空爆によってセルビア兵が撤退し、制圧されていた地域には秩序が戻るはずだった。
 しかし、依然として国境付近などでは不安定な情勢が続いており、NATO軍はコソボへ多国籍軍を派遣。ゲリラの武装解除と地域再建を進めていた。
 PKOスペイン軍部隊の一員として、村で支援活動を行っていたヴィダル(エロイ・アソリン)は、ゲリラによって虐げられる一般市民を目撃する。同じ部隊のルカス(ルジェ・カサマジョール)やルビオ軍曹(ルベン・オチャンディアノ)の制止も聞かず、ヴィダルは単身飛び出してしまう。
 強い正義感故に命令違反を犯し、部隊に迷惑をかけてしまったヴィダルに対し、部隊の仲間は辛く当たる。士官のアロンソ中尉(エドゥアルド・ノリエガ)も、そんな一体感の欠けた部隊の統率に手を焼いていた。
 そんな彼らに、危険地帯の街・ルイカにある破壊された発電所の復旧任務が下った――

 スペイン映画らしく、全編通してセトメ モデロLが登場する。一見するとG3ライフルに見えるこの銃は、5.56mm口径のスペイン軍制式ライフルであり、スクリーンに登場する機会は極めて少ない。
 また中盤では、ブルパップスタイルの珍しさ(?)故なのか、拾い上げたファマスを不思議そうにいじる民兵の描写がある。

使用者銃器名備考
ヴィダルツァスタバ M70民兵から強奪
セトメ モデロL前期型
セトメ モデロL前期型
ルカス
バレステロス
ゴメス
ルビオ軍曹
アロンゾ中尉
バルブエナセトメ モデロL前期型
ブローニング M2装輪装甲車の武装
USSR AK47民兵から強奪
マルソンGIAT ファマス-
フランス軍兵士
セルビア軍兵士HK MP5冒頭の虐殺シーンにて使用
CZE Vz58-
アルバニア人民兵USSR AK47-
ラインメタル/マウザー MG34-
サコー M60-
USSR RPG7-
GIAT ファマスフランス兵のもの
発砲なし
民兵指揮官フランキ スパス12-

コメントはありません。 Comments/非常戦闘区域?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-24 (土) 20:03:26 (1152d)