QJY-88 / 88式通用機槍 【軽機関銃】

nolink,Type88
全長(三脚装備時)銃身長重量(三脚装備時)口径装弾数連射速度(持続射撃時)製造国
1,151mm(1,321mm)600mm7.6kg(11.8kg)5.8mm×42200650〜700発/分 (300発/分)中国

 88式通用機槍(QJY-88)は国営356廠(雲南西儀廠)が開発した汎用機関銃である。

 1980年代末、ミニミで代表されるように西側諸国で中口径軽機関銃を突撃銃用弾薬を使用する小口径軽機関銃で置き換えて歩兵用弾薬の種類を統合する流れの中、中国軍においても当時に独自開発中であった5.8mm口径の新型突撃銃用小銃弾を使用する汎用機関銃を開発する事とした。
 1988年に開発が始まった本銃は、中国が初めて独自設計した汎用機関銃である67式通用機槍の代替となることが求められた。この67式は7.62mm×54R弾を使用しており、通常弾の威力と射程に加えて徹甲焼夷弾などの強力な弾種も揃えており、口径の小さな5.8mm弾で完全に代替することは非常に困難だった。
 このため、開発チームは5.8mm弾に突撃銃用の通常弾と共用性を残しつつ更に威力と射程を強化した機関銃用弾薬を開発する事で解決を図った。こうして5.8mm弾は5.8mm×42弾として突撃銃用にはDBP87を始めとする普通弾が、機関銃や狙撃銃用にはDVP88を始めとして弾頭重量が重い事に因む重弾が採用された。これら重弾は普通弾と薬莢寸法や全長はそのままに共用性を残しつつ、弾丸の長さを伸ばして重量を増し、内部のスチールコアを大型化させて貫通性能を高めたもので、試験では7.62mm×54R弾に迫る性能を発揮したとされる。
 これにより、本銃は突撃銃との弾薬の共用化を実現したが、機関銃用の重弾を突撃銃に使用すると銃身や機関部に過大な負荷を与えて劣化を早め、逆に突撃銃用の普通弾を本銃に使用すると威力で劣るという問題は残った。このため、後の2010年には完全な弾薬共用化を図った新型弾DBP10が開発されている。
 こうした一連の開発にはのべ10年程かかり、制式化は1998年、配備開始は2000年からとなった。

 作動方式はロングストロークピストンのガス圧利用方式で、閉鎖方式はターンボルトロッキング。銃身と機関部はクロームメッキが施され、銃身寿命はおおよそ25,000発程度。一部部品にアルミ合金や強化プラスチックを使用することで軽量化を図っている。備え付けの二脚を用いれば軽機関銃として、三脚に据え付けて重機関銃として、仰角射撃用の三脚に固定すれば対空機銃として各々使用することができた。照準器は固定のアイアンサイトのほかに、スコープ赤外線スコープが装着できた。

 こうして調達と配備の始まった本銃であるが、実際に配備と運用が始まってみると多くの問題が露出した。まずもって5.8mm×42弾は重弾を使用する事で7.62mm×54R弾に迫る威力や射程こそ発揮したものの、小口径ゆえに徹甲焼夷弾などの追加の加害効果を持った弾種を用意できず、複合的な対物威力に欠けていた。さらに汎用機関銃としての汎用性に着目しようにも、分隊支援火器としては大容量のドラムマガジンを備えつつ軽量な81式班用機槍QBB95式班用機槍が扱い易さから好まれており、重機関銃としては12.7mm×108弾を使用しながらも銃本体が18kg程度と極めて軽量な85式高射機槍やQJZ89式重機槍があったため、威力も重量も中途半端な汎用機関銃というジャンルそのものが中国軍の装備体系においては不遇となっていたのだ。

 このため多くの部隊では小口径機関銃という物珍しさから調達こそすれど、実際の部隊運用では武器庫に収められたままという事が多く、調達数も2020年頃までの累計で僅かに2万丁程度。日本の陸上自衛隊が人員約15万人に対してミニミを5000丁近く調達しているのに対し、その7倍近い約100万人規模の中国陸軍で僅か4倍程度でしかない調達数からして異様に少ない事が分かるだろう。
 さらに実際に運用しているのは極一部の部隊に限られており、中国現地で行われた推定によれば少なくとも20個の機械化歩兵大隊で、定数通りであれば同様に少なくとも540丁程度が運用されているのみとなっている。
 また2013年にオーストラリアで開催された国際射撃競技会であるAASAMに中国軍が参加した際には、機関銃としては当初QJB95-1式班用機槍を用意したものの、レギュレーションに抵触したために改めて本銃を用意したという事例がある。

 派生型としては車載同軸機銃仕様のQJT5.8mm並列機槍が開発採用され、各種の装甲戦闘車両に搭載されているが、以前より運用されていたPKTコピーの86式坦克機槍を完全に置き換えるには至っていない。

 2020年に後継となる新型のQJY201型通用機槍が公開された。こちらは88式通用機槍やQJY201に前後して公開された新型小銃であるQBZ191型自動歩槍とは異なり西側諸国で標準的な7.62mm×51弾を採用し、CS/LR4やQBU203型狙撃歩槍といった狙撃銃と使用弾薬を共通化させている。
 一方でQJY201型通用機槍と同時期に5.8mmx42弾を使用弾薬とするQJB201型班用機槍およびその短銃身仕様のQJS161型傘兵機槍も公開されているが、こちらは分隊支援火器であるQJB95-1式班用機槍の後継として開発採用されており、汎用機関銃のQJY-88やQJY201とは運用が異なる銃である。


このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ミシンと機関銃に何の関係があるんだ? -- 2015-04-18 (土) 13:54:28
  • ↑似たメカニズムだから技術の転用が効く。 大戦中に機関銃を作ってた工場が、戦後はミシンメーカーに鞍替えしたりしてる。 蛇足気味ですまんね -- 2015-04-18 (土) 15:35:49
  • ……ホチキス(ボソッ) -- 2015-04-18 (土) 16:14:56
  • ・・・もちろんそれはジョークで言ってるんだよな?(そろそろ脱線気味だしここいらで止めにしないか・・・) -- 2015-04-18 (土) 16:52:29
  • しかし、小銃に関してはティルトボルトが好きな割に、機関銃はターンボルトなんですな。さすがに無理があったか? -- 2015-04-18 (土) 18:57:47
  • 中国ってそんなティルトボルトばっかだっけ?大体AK由来のローテーティングボルトになってたと思うけど。63式の頃からSKSベースの銃も既にローテーティングボルトになってたし。 -- 2015-04-18 (土) 20:08:11
  • 5.8mmx42弾を運用するQJB201及びQJS161についての記述を追加。 -- 2024-01-03 (水) 22:05:59
  • QJB201及びQJS161について記述を修正し、一部をPRC QBZ-95へ移しました。l -- 2024-01-04 (木) 03:00:17
  • 改めて本銃を調べ直したので本文を編集しました。 -- 2024-01-06 (土) 00:49:11
  • コメントの無い意図不明な編集があったため差し戻しと修正を少々、それと派生型のQJTについて追記しました。 -- 2024-01-06 (土) 13:49:10
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-06 (土) 13:47:41 (142d)