フェイス/オフ / Face/Off

1997年、アメリカ映画
監督:ジョン・ウー

・ストーリー
 発端は6年前の事。
 雇われテロリストのキャスター・トロイは、FBI特別捜査官のショーン・アーチャーを狙撃した。だがその銃弾はアーチャーではなく、アーチャー最愛の息子、マイケルの命を奪うこととなり、アーチャーも瀕死の重症を負う。その時からアーチャーは復讐の鬼となりトロイを執拗に追い続けた。そして現在、トロイの所在を突き止めたアーチャーは、空港での激しい銃撃戦の末にトロイの逮捕に成功。だがそれは、新たな事件の始まりでしかなかった――。

 トロイ逮捕も束の間、トロイは逮捕直前に何処かに細菌爆弾を仕掛けていた事が判明。そこで爆弾の所在を知るトロイの弟――ポラックス――を尋問するも、兄以外には心を開こうとしない。刻一刻と迫るタイムリミットに焦るアーチャー達は、非常の策とも云うべき案を決行する。それは、トロイの事を知り尽くしているアーチャーに、憎むべくトロイの顔を剥いで(Face/Off)移植。アーチャーがトロイになりすまして、ポラックスが収監されている刑務所に極秘潜入するというものだった。

 なんとかポラックスに接触して爆弾の所在を突き止めたのも束の間、檻の外では恐るべき事件が発生していた。意識不明だったトロイが突如覚醒。保管されていたアーチャーの顔を自分に移植させた後、事実を知る者を全員抹殺。自らアーチャーになりすまし、アーチャーをトロイとして永久に刑務所に収監させようとしたのだ。驚愕するアーチャー。これまでの裏世界事情を生かして次々と事件を解決してゆき、FBI長官の椅子を狙うトロイ。悩んだ末、アーチャーは刑務所を脱走。かつてトロイの物だった組織に身を寄せ、顔を取り戻すべくトロイと対決(Face/Off)してゆく。
 正義が無法に、無法が正義に。果たして勝者は?

・作品解説
 ハリウッド製香港映画。「男たちの挽歌」で名を馳せたジョン・ウー監督が、ハリウッド進出して初めて「自分の好きな様に撮れた」と誇る大アクション作品。特にジョン ウー節とも云うべきシニカルなシーンは秀逸の一言。2時間余りの映画なのに、中だるみもせず、ひたすらアクションを魅せ続けたアクション満漢全席。

 セットではない、本物の滑走路での中型ジェット機と捜査車輌とのチェイスシーンやスローモーションの多様、火花による演出など、その後の作品(俗に言うジョン・ウー節)を決定つけた作品でもあるが、実際のテーマは『自分自身の証明』という哲学的なもの。親子や家族、そして兄弟や恋人といった人間ドラマをも扱うが、撃ち合いの激しさもまた特徴である。

 なお、それ以降の作品に見られる『空中を白い鳩が舞うイコール銃撃戦』という方程式はこの作品から見られる傾向である。

使用者銃器名備考
ショーン・アーチャーシグザウエル P226ハーフシルバー
スプリングフィールド M1911A1 V10金加工
グリップに龍の彫刻
二挺拳銃時もあり
ベレッタ M92FS教会での銃撃戦で使用
二挺拳銃の場合もあり
サーシャから渡されたもの
S&W M66シグザウエル P226のバックアップガンとして使用
おそらくは3インチモデル
S&W M64の可能性もあり
USSR スチェッキン
CZE Vz61発砲なし
IMI ミニウージートロイの元・部下の物を使用
スタームルガー ミニ14拘置所の治療室で武装看守から奪う
キャスター・トロイベネリ M1スーパー90序盤で強奪して使用
V10と共に使用したことも
スプリングフィールド M1911A1 V10金加工
グリップに龍の彫刻
二挺拳銃時もあり
シグザウエル P226ハーフシルバー
USSR スチェッキン
メカム BXP教会での銃撃戦で使用
IMI ミニウージー
H&K MP5K終盤でFBI捜査官より強奪
ディートリッヒ・ハスラーCZE Vz61発砲なし
IMI ミニウージー
サーシャ・ハスラーH&K MP5A2倒されたSWAT隊員のもの
コルト M635同上
イサカ M37部下から受け取る
ポラックス・トロイCZE Vz61
デュボフスタームルガー ミニ14刑務所看守から強奪したもの
ロサンゼルス湾岸警察コルト M4A1
FBI女性捜査官シグザウエル P232実際の発砲はなし
おそらくはSLモデル
FBI SWAT隊員H&K MP5A2/A3ディートリッヒ自宅急襲に使用
H&K MP5SD3
H&K MP5K
コルト XM177
コルト M4
M203装着
おそらくは煙幕弾
コルト M635ダットサイト装着
刑務所看守ベレッタ M92FS
スタームルガー ミニ14
サコー M60ヘリの装備

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ウー作品で初めてハトが出てきたのは『狼 男たちの挽歌・最終章』からだったと記憶してるのですが…。でもスタンダードにしたのはこっちなのかな -- X-ray? 2006-09-09 (土) 14:07:19
  • 補足しときますと、ウー作品で初めてハトが出たのは『狼 男たちの挽歌・最終章』からです。でも定番に押し上げたのはやっぱF/Oなのかな…? -- X-ray? 2006-09-09 (土) 14:11:23
  • コメントがダブッとる…。すみませぬ m(--;)m -- X-ray? 2006-09-09 (土) 14:13:11
  • ディートリッヒ急襲部隊の一人がコルト9mmSMGを使ってませんでしたっけ?あとディートリッヒがモスバーグM500を使ってたような気がします。 -- 2008-08-26 (火) 21:03:48
  • サーシャが後半の教会にてM5906レディースミスを使用してました。 -- 2011-11-11 (金) 01:30:12
  • イサカM37が登場 -- [[ ]] 2012-08-31 (金) 23:45:52
  • キャスターが冒頭の狙撃シーンでサイレンサー付きのM700を使用していました。 -- Jack? 2017-05-14 (日) 17:22:29
  • キャスターが序盤にてM3Super90を強奪して使用。V10とのデュアルあり。
    襲撃時にディートリッヒがMP5A2を隊員から強奪して使用。
    同じく部下よりイサカを受け取り反撃。
    警察部隊の殆どがM4ではなくXM177装備。
    Vz61を使用したのはポラックスのみです。
    ヘリ装備にM60有り。

    編集よろしくお願いします。 -- 2017-08-04 (金) 23:03:01
  • ⬆M3じゃなくてM1でした。すみません。 -- 2017-08-04 (金) 23:05:28
  • トロイの1911はV10ではなくV12ベースのSFA製特注ファクトリーカスタムモデル。V10だとサブコンパクトの方になっちゃう。 -- TNT? 2021-04-29 (木) 19:53:04
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-05 (土) 06:18:20 (1543d)