PRC QLZ-87 【擲弾発射器】

QLZ87.jpg
全長重量口径装弾数発射形式発射速度製造国
970mm(本体)
1060mm(三脚架込)
12kg(本体)
20kg(三脚架込)
35mm×326/15S/F500rpm中国
スーダン

 1995年に中国で開発された35mm口径の携行自動擲弾発射器。1996年に制式採用され同年から部隊配備が始まった。世界で唯一、制式化され量産された個人携行型でフルオート射撃が可能な擲弾発射器である*1。セレクターによりセミ・フルの切り替えが可能。
 発射器本体の製造は国営9656廠(湖南資江機器廠)光学照準器の製造は国内向けを国営5618廠(湖南華南光学儀器廠)、輸出向けを国営559廠(無錫湖光儀器廠*2)が担当した。

 1980年代の中国軍は、ベトナム戦争や中越戦争でアメリカ軍やベトナム軍が運用し中国軍に多大な被害を齎したMk19、あるいはソ連のAGS-17を参考にした自動擲弾発射器を要求すると共に、三脚で陣地設置するそれを歩兵1人で携行可能となる事を求めた。これは当時の中国軍における自動車化が途上であった事や、仮想敵であるソ連やインド、ベトナムとの国境が河川や山岳、森林の多い地域で車両の通行が困難である為に、重装備の輸送に車両を頼り切れないという事情があった。
 この要求に応じて華東工業院(現、南京理工大学)の陆家鹏教授が発射器の、在骐教授が弾薬のチームを率い、国営5316廠(浙江先鋒機械廠)、国営9449廠(江蘇工模具廠)、国営925廠(江蘇永豊機械廠)、国営996廠(浙江紅星機械廠)と共に開発を始めたのだが、当時の華東工業院は文化大革命の影響から抜け出し切れておらず、開発の成果を中々出せないまま年数ばかりが過ぎていった。
 この状況に対し、国家軽武器論証研究所は全国の工廠へ向けて自動擲弾発射器の開発の入札を募る事となり、国営9656廠が湖南省軽武器研究所と共に、国営948廠(湖南華達機械廠)、国営343廠(湖南洪源機械廠)、国営9624廠(湖南省建華機械廠)、国営5618廠(湖南華南光学儀器廠)を率いて入札に参加した。これが華東工業院の入札金額よりも3割近く安かった為に国営9656廠が受注に成功した。

 こうして開発が国営9656廠に移った後は、同廠が過去に設計した77式高射機槍や85式高射機槍で採用していたガス直噴方式とフラップ閉鎖方式、さらに当時配備が始まっていた81式班用機槍ドラムマガジンの設計を採り入れて開発された。
 弾薬はAGS-17の模倣らしく、ハイ・ロー・プレッシャー薬莢を採用していない*3。その弾速はNATO標準40mm榴弾の歩兵用(46mm,約80m/s)の倍以上、固定機銃用(53mm、約240m/s)に近い190m/sを実現しており、有効射程は車両などの点目標へは600m、歩兵部隊などの面目標へは1200m、最大射程はストックを兼ねたバッファーチューブの上面に刻印された射表によれば1782mとなっている*4
 また口径が35mmとなった理由の1つとして、設計を主導した湖南省軽武器研究所の朱徳林によると、ソ連のAGS-17に由来する30mm、あるいは西側の40mmのどちらかを選んでしまえば、実際には弾薬互換性が無かったとしても、内外から東西いずれかの陣営に偏っているとみなされてしまう懸念があり、これを避けるため中間の35mmが選択された、としている。
 発射器上面のキャリングハンドルは、コッキングハンドルとガスシリンダーを兼ねており、発砲時にはハンドルごと前後する。
 ちなみにドラムマガジン本体にはゼンマイを巻き上げるためのハンドルやレバーが付属していない。発射器本体から外したグリップをドラムマガジンに宛がって巻き上げハンドルにする仕組みである。このためグリップ底部にはドラムマガジン正面の六角軸に差し込むソケットを有する*5。上掲画像ではグリップが見当たらないが、これは写真のアングルの問題で機関部に隠れてしまっているせい。QLZ-87のグリップは、機関部から右斜め下向きに取り付けられている。

 こうして完成したQLZ-87は中国軍に採用され、火力分隊では携行擲弾発射器としてバイポッドを使用しての伏射のみならず立射でも射撃可能な擲弾発射器として、中隊や大隊では三脚架や車両の銃架に据えて自動擲弾発射器として、幅広く運用される事となった。
 しかし、歩兵1人でも携行可能な重量に抑えるべく、反動を抑える為に威力と射程が犠牲となっている事は中国軍としても評価が分かれる所であった他、発射器右側面から斜め下向きに伸びたグリップが伏射では身長175cm以上でないと構え辛い、装填状態の15発ドラムマガジンが余りにも重すぎて脱落しやすい、携行擲弾発射器としてなら装弾数は6発でも十二分に足りる、逆に自動擲弾発射器としては装弾数は15発だと不足気味、光学照準器の脱着に工具と時間を要する為に即応性に欠けるといった欠点があった。
 とはいえ、動作信頼性に関しては6発ドラムマガジンで運用する限りは特に問題無く、重すぎる15発ドラムマガジンについても火力分隊の装填手が下から支える事で脱落への対策が可能となり、85式高射機槍に由来した簡素な構造による良好な整備性、破甲弾(HEAT弾)を用いれば最大80mm厚の装甲を貫通可能などと使い勝手は悪くないようだ。
 このため、自動擲弾発射器としての後継には給弾方式に30発ベルトリンク給弾を採用したQLZ-04自動擲弾発射器が、携行半自動擲弾発射器としての後継には新たにより軽量な装弾数3発のドラムマガジンと共にQLB-06半自動擲弾発射器とQLU-131狙撃擲弾発射器が採用された現代においても、枝分かれした後継のどちらの役割も1つでそれなりにこなせる、文字通り"良く言えば多才、悪く言えば器用貧乏"な擲弾発射器として現役であり、この特性は携行出来る装備に制約の強い海軍陸戦隊では得難いようで運用例がしばしば見られる。
 一方、陸軍の一般部隊での配備もまだまだ確認されている他、中国軍で広く運用されている4輪駆動軽装甲車"猛士"の最新型である第三世代型では、RWSの搭載火器としてQJZ89重機関銃や95式自動歩槍など各種携行火器を搭載できるようになっており、その選択肢の一つとしてQLZ-87を搭載している運用が南部戦区第75集団軍や西藏*6軍区山南軍分区などで確認されている。こういったように、開発当初には想定されていなかった運用方法もされながら、しばらく現役であり続けるようだ。

 また海外に目を向けるとソマリアやイランなど中東やアフリカの各国へ輸出されている他、スーダンではライセンス生産も行われており、こちらでも携行擲弾発射器から車載擲弾発射器まで幅広い運用を見せている。

 なおかつて一時期、製造元である湖南資江機器有限責任公司の親会社である湖南省兵器工業集団有限責任公司は公式サイトにおいてQLZ-87を警察用装備として紹介しており、実際に新疆ウイグル自治区ウルムチ市の武警で配備されているのが確認されている。

 
登場作品ジャンル使用者備考
ウルフ・オブ・ウォー項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
ファークライ4ゲームGL-A87
装弾数8発
フォールアウト4項目参照

このページの画像は湖南資江機器有限責任公司の親会社である湖南省兵器工業集団有限責任公司製品紹介ページから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • メーカーページの方もこちらの記載に合わせました。ありがとうございました。 -- 2021-09-01 (水) 23:03:31
  • あと、あくまでページ作成者個人の感想ですが、携行、二脚、三脚、車載での幅広い運用を指向したという点で擲弾発射機というカテゴリにおいて汎用機関銃みたいな立ち位置を目指したシロモノと解釈しています。 -- 2021-09-01 (水) 23:12:47
  • 実際そんな感じですよね。取り回し的にライフルでもあり、機関銃でもあるというか・・・榴弾ならではのロマンある性能ですねぇ。 -- 2021-09-01 (水) 23:17:17
  • 最大射程について詳細を追加。 -- 2021-09-06 (月) 00:29:49
  • 発射器が発射機になってたのと、他細々と修正。 -- 2021-09-09 (木) 17:44:28
  • 第75集団軍の他にチベットの山南軍分区でもRWS運用が確認されました。 -- 2021-12-27 (月) 02:22:54
  • 注記でXM174について追加。ただこいつ現存してるんですかね? -- 2022-09-27 (火) 17:57:07
  • グレネードランチャーとしては最強と思えるが、同じぐらいの重量のロケットランチャーや無反動砲と比較すると醒める。個人で持てて連射出来ても、個人が持っていける弾数からして使いどころがない。 -- 2024-04-07 (日) 16:35:37
  • LAWの約5倍、RPGやAT4の2倍、しかも威力は所詮グレポン。これだったら普通に考えて、軽くて取り回しのきく回転式の方選ぶわな。所詮はチャイナクオリティ。 -- 2024-04-07 (日) 22:42:32
  • なので中国軍の火力分隊はQLZ87の他に120mm無反動砲PF98あるいは他の火器を適宜選択して運用する事になります。そしてQLZ87は高初速なため、ミルコーMGLなど低速擲弾しか撃てない回転式と比べピンポイントな射撃をより遠距離まで発揮できます。そもそもQLZ87はAGS-17やMk.19と同等性能ながら軽量である事を要求され開発されたので、個人携行が可能であるからといって他の個人携行擲弾発射器と安易に比較するのは不適切です。 -- 2024-04-08 (月) 07:34:27
お名前:


*1 QLZ-87より前の1968年にはアメリカでM1919A4をベースにXM174というフルオート可能かつQLZ-87よりも軽量な擲弾発射器が開発され、ベトナム戦争に投入されているものの、原型となったM1919A4と同様にM2三脚架や車両や航空機の銃架に据えて運用されたため個人携行火器ではない。XM174E1というモデルではスリングで肩から下げて腰だめに射撃可能ではあったようだが実用的ではなかったようだ。
*2 現在はノリンコ子会社の北方光電集団有限公司のさらに子会社である江蘇北方湖光光電有限公司となっている。
*3 薬莢の外寸を共通とするアドオン・スタンドアロン用の91式35mm擲弾発射器に用いる弾薬ではハイ・ロー・プレッシャー薬莢を採用している。
*4 この射表は100mから1782mまでの100m刻みで刻印されており、また発射器本体に刻印されている為に紛失リスクが無いという利点も有る。
*5 一部の部隊ではドラムマガジンの巻き上げに片口メガネレンチを使用しているのが確認されている。
*6 チベット

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-28 (日) 00:12:25 (31d)