ROC T65(65式歩槍) 【突撃銃】

T65
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
T65990mm3.31kg5.56mm×4520/30700-800発/分S/F台湾(中華民国)
T86800(880)mm3.17kg5.56mm×4520/30700-800発/分S/3/F

 台湾(中華民国)の第205造兵廠が製造していた突撃銃。それまで中華民国国軍(台湾軍)の制式歩兵銃であったT57(57式歩槍。スプリングフィールド M14のクローン)の後継として開発された。1975年に試作型が開発され、1976年から製造が始まった。

T65K2

 基本的な設計はアメリカのM16A1がベースとなっているものの、作動方式はAR15/M16系の特徴であるガス直噴方式ではなく、AR18のものに似たショートストローク・ガスピストン式のガスオペレーションを採用している。外観も細部には独自のものが多く見られ、キャリングハンドルは無く、リアサイトブロックがあるのみ。専用弾倉とM16互換の弾倉が使用可能。
 T65は中華民国陸軍と同国海軍陸戦隊に制式採用されたが問題が見られたため、その後まもなく改良型のT65K2に更新されている。

 T86(86式歩槍)はT65の後継モデルで、1992年から開発が始まった。1996年には大元であるM16やM4に近い外観とした試作型のXT86が発表されたが、1997年に公開されたモデルでは独自色の強いT65K3に近いものに再設計されていた。最終的に1998年に完成し、制式に86式歩槍として台湾軍に採用されている。
 機関構造はT65と同様。おおよその外観はM16A2カービンモデルに似ているが、ボルトフォワードアシストは無く、ケースディフレクターが小さい。円柱状だったハンドガードは、冷却ホール付きの新しい形状に変更。ストックは、試作型では金属製のサイドフォールディングタイプだったが、最終型ではCAR15タイプのポリマー製バットストックを有するテレスコピックタイプに変更された。銃身長はT65の20インチから、14.8インチの短いサイズとなった。銃身下には、アドオン式のT85 40mmグレネードランチャーが装着可能。

 T86は2000年から配備がスタートしたものの、それから間もなく後継のT91が2002年に完成したことから、ごく少数の生産にとどまっている。

各種バリエーション

モデル特徴
T65(T65K1)最初期モデル
T65K2上記の改良型で、短銃身。バースト機能追加。M16A2風のキャリングハンドルハンドガードの形状変更
T65K3K2のヘビーバレル(銃身長はK1よりは短く、K2よりは長い)
T86T65の後継モデル
T91項目参照
 
登場作品ジャンル使用者備考
ZIG World Can't Allrow Teller項目参照
新ポリス・ストーリー映画台湾警察T65K2
スペシャルフォース項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズ及びENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 漫画版、ハイスクールオブザデッドで高木の家に奴らが -- 伊勢ウドン? 2012-04-28 (土) 22:50:21
  • すみません、間違えて文の途中で送信してしまいました。 ハイスクールオブザデッドで高木の家に奴らがなだれ込んできたときに、憂国一心会のメンバーの一人がこれを所持していたと思います。手元にコミックが無く、数か月前の記憶の為、間違いだったら申し訳ありません。 -- 伊勢ウドン? 2012-04-28 (土) 22:54:15
  • すいません、アイアムアヒーローで登場したのはどうもT65のようです...フレームとアイアンサイトの形状がT95とはとても見えなかったんですけど年代的にT95だと思い込んでました...すみません -- 2013-08-15 (木) 13:58:41
  • ↑T91でした。すみません... -- 2013-08-15 (木) 14:10:25
  • 89年のパナマでは、国防軍やdignity battalionでt65の初期型が広く使われてました -- ヤング焼きそば? 2015-08-25 (火) 16:33:51
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-16 (木) 22:56:50 (150d)