大宇 K3 【軽機関銃(分隊支援火器)】

Daewoo K3
全長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
1030mm6.85kg5.56mm×4530/200750〜1000発/分Fベルギー(初期製造分)
韓国(1991年〜)

 K3は、ベルギーのFN社が、韓国の大宇(デウ、デーウ)プレジション・インダストリー社の依頼により開発した分隊支援火器である。当初はFNが製造し、これを韓国軍が購入する形であったが、1991年より大宇が国産化している。輸出も行われており、他の軽機関銃に比べ安価であるため、コロンビアやインドネシア、フィリピンなどで使用されている。

 K3は、ミニミをベースに、韓国軍向けに設計されたもので、構造的にもほとんど同一である。射撃はフルオートのみで、セミオートに変更できるセレクティブ・ファイア機能はついていない。弾薬の供給はベルトリンク式で、金属製の分離式リンクで連結した5.56mm×45弾を使用する。また、ミニミ同様、M16の弾倉も使用可能で、同規格である同社のK1、K2のマガジンを使用することで、弾薬のスムーズな共用が可能である。*1
 一方、リンクで連結された弾薬帯を収めるのに、ミニミが樹脂製の200連のボックスマガジンもしくは100連の布製のバッグを採用しているのに対し、K3では、200連の布製バッグを採用している。ストックとグリップは、K1、K2と同型のものが採用され、使用感の統一が図られると共に、ミニミとの外観上の差異となっている。
 
 また、最近生産されたものはレシーバー上部にマウントレールが追加装備され、必要に応じてダットサイトスコープなどを装着することができる。

登場作品ジャンル使用者備考
Combat Arms項目参照
アンダーワールド エボリューション項目参照
エンジェル ウォーズ項目参照
スコーピオン項目参照
スモーキン・エース項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照


このページの画像はWikimedia Commonsから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • FN ミニミから独立させます -- 2011-09-28 (水) 19:19:08
  • wikimedia commonsより画像を転載 -- 2013-04-18 (木) 13:37:23
  • CSOに出てます。 -- [[<(\∀\)>]] 2013-07-04 (木) 18:02:15
  • これって最大射程2000メートルあるみたいですが、弾丸を変更とかするんですか? -- 2013-07-21 (日) 00:26:06
  • そういや1999年のアジア通貨危機が発端で大宇財閥が崩壊して、大宇精密工業がS&T Motiv(S&T모티브)になってるんだよな。という事で大宇製武器のページ編集しときます。 -- 2015-09-19 (土) 13:45:59
  • 報道写真にてフィリピン軍の兵士が装備してました。
    場所が場所だけに、一日も早い賊軍の掃討を祈るばかりです。 -- 2017-06-21 (水) 16:24:29
お名前:


*1 ミニミと同じく、レシーバの左側面前方の下部にマガジンを斜めに装着し、これで給弾・射撃する。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-12 (土) 11:34:33 (409d)