ワルサー Gew43 (Kar43) / Walther Gewehr43 (Karabiner43) 【自動小銃】

Gewehr43
モデル全長重量口径装弾数発射形式製造国
Gewher431117mm4.4kg7.92mm×5710Sドイツ

 19世紀末から各国で自動装填式小銃(半自動小銃)の開発が行われていたが、強力な弾薬を使用する小銃の自動化は困難を極めていた。ドイツ国内では1896年にマウザー C96を完成させたパウル・モーゼルもこの課題の研究を進めていたが、決定打を見出せぬまま彼は1914年に亡くなってしまった。
 その後の第一次大戦から第二次大戦開戦前までにも幾度か開発が行われたが、いずれも「歩兵用自動装填式小銃」としては十分な成果が出せずに中断している。

 しかし、半自動小銃を諦めなかったドイツ軍部は第二次大戦初頭の1940年にワルサー社とマウザー社の2社に設計条件を提示して試作銃の開発を命じた。両社の銃はそれぞれGewehr41(W)・Gewehr41(M)として1942年から実戦投入試験が行われた。その結果、ワルサーのGew.41が制式採用となったが、その自動装填ガスシステム等による問題が多かったために軍部はワルサーにさらなる改良を促した。
 この後に独ソ戦にてドイツ軍は大量のソビエト製兵器を鹵獲、その中にはトカレフM1940やシモノフM1936といった半自動小銃も多く存在していた。ワルサーはその鹵獲兵器を研究しソビエト製兵器に類似したガス・ピストン式自動装填装置をGew.41に組み込み、Gewehr43半自動小銃を完成させた。

 Gew.43は1943年4月に制式採用されたが、量産が本格化したのは同年10月であった。生産はワルサー社、ベルリン・リューベッカー社、グストロフ社によって行われ、1944年4月以降は制式採用名が「Karabiner43」に変更されたが、銃のスペックに変更点は無く「G.43」の刻印が「K.43」に変更されたのみである。
 Gew.43ではGew.41ではあった着剣装置が廃止され、固定弾倉は着脱弾倉式に改められた。機関部後端右側面にライフルスコープ(GwZF4)を装着できるようにレールが標準装備された。
 最終的におよそ40万挺ほどが生産・配備された。最初は主に武装親衛隊や降下猟兵などのエリート部隊に優先的に支給され、一般の兵士まで支給されるようになったのは大戦末期になってからのことである。

 しかしながら急造の設計と低品質な材料・設備で量産されたため、機関部を逐一個別に精密に調製しなければ動作せず、同じライフルにも関わらずほぼ全ての個体で機関部パーツの共用性がなかった。そうして手間を掛けて調整した機関部も強力なフルサイズ弾の衝撃で歪んでしまい、動作不良を起こしやすかった。また初期のクリップ装填タイプの自動小銃に多く共通する性質だが、土や砂の混入には弱く、こうした外因の多い環境での動作不良の発生率は更に上がった。
 西部戦線において英米に鹵獲されたGew.43はアメリカ軍のM1ガーランドと比較され、英米軍からは、ヒトラーズ・ガーランドとも呼ばれたものの、実際の完成度には大きな差があったと言えるだろう。

登場作品ジャンル使用者備考
Battlefield V項目参照
THE 最後の日本兵 〜美しき国土奪還計画〜ゲーム百目鬼 朝男作中名「Ge43自動小銃」
ウルフェンシュタイン項目参照
コール オブ デューティ2項目参照
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
コール オブ デューティ3項目参照
コール オブ デューティ ファイネスト アワー項目参照
コール オブ デューティ: ユナイテッド オフェンシブ項目参照
コール オブ デューティ: ワールド アット ウォー項目参照
コール オブ デューティ ワールドウォーII項目参照
スナイパー エリート項目参照
蒼天の拳項目参照
ドールズフロントライン項目参照
バトルフィールド1942 シークレット・ウェポン項目参照
ブラザー イン アームズ項目参照
ベルベット アサシン項目参照
メダル オブ オナー項目参照
 

動画


このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 申し訳ありませんが、他との表記統一のためページ名を略称に変更させて貰いました -- KOU2@調整人? 2009-05-06 (水) 00:13:19
  • 戦場のヴァルキュリアは偵察兵、支援兵が使用。 -- セガ? 2015-02-28 (土) 15:44:03
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-28 (火) 04:37:35 (200d)