M2火炎放射器 / M2 flamethrower 【火炎放射器】

M2
モデル重量燃料射程発射回数製造国
M2本体20kg
燃料積載時28kg
ゲル化燃料(ガソリン+タール)33m10回アメリカ
携帯放射器本体20kg
燃料積載時31kg
普通油、またはゲル化燃料普通油20m
ゲル化油40m
日本

 第二次世界大戦中にアメリカ軍が開発、使用した携帯型火炎放射器。大別して、携帯性を重視したタンク1本のM1と、その改良型でタンク2本としたM2の2タイプがある。発射回数はM1では3回だったが、搭載燃料の増えたM2では10回となっている。
 火炎放射器は各国でそれぞれ独自の機構・外観を持つ各タイプが作られたが、筒型のタンク2本を背中に背負ったM2は最もなじみのあるタイプで、ドキュメンタリー映像も含めて、メディア上で目にする機会も多い。
 
 ヨーロッパ戦線、太平洋戦線共に多数が投入され、トーチカや塹壕などの閉鎖空間への攻撃や、茂みやジャングルを焼き払い、潜んでいる敵を燻り出すのに絶大な威力を発揮した。特に太平洋の対日戦線では、日本軍が潜んでいそうな洞窟や地下壕、地下陣地を、片っ端からM2で焼き払い、その後入り口を手榴弾などで爆破する「トーチランプ&栓抜き戦法 (blowtorch & corkscrew) 」が多用された。他にも、身を潜めていた茂み(さとうきび畑)をM2で焼き払われ、無残な姿で投降する日本兵の姿などが記録映像に残っており、正に日本軍の恐怖と憎悪の的であった。
 その一方で、射程は30mからせいぜい40mと短く、ライフルなどとまともに撃ち合いになれば勝ち目はない。満載時約30kgの重量や、構造上伏せ撃ちができないことなど、取り回しも難しく、何より、むき出しの燃料タンクに被弾すれば大爆発を起こし、周囲の味方も巻き込んだ大惨事となりかねない*1
 そのため第2次大戦後期には、一部は携帯型から、より防御に優れた戦車搭載型の火炎放射器(火炎放射戦車)に交代することとなった。

 M2は朝鮮戦争やベトナム戦争にも使用されたが、上記のような使用上の難点や、現代の戦闘における重要性の低下(基本的に、火炎放射器は第2次大戦からほとんど進化していない)もあって、アメリカ軍からは1978年を最後に退役した。
 一方、日本の陸上自衛隊ではM2の改良型が、『携帯放射器』の名称で現在も配備中である。現在は化学科が管理しており、主な用途は生物・化学兵器戦時の除染・焼却作業だが、対テロ作戦への使用も考慮されているらしい。
 ただし、実際は雪害時の融雪*2や、病原菌で汚染された食物の焼却など、どちらかと言えば「災害出動」的な出番が多いようで、平成20年(2008年)には、久方ぶりに10セットが追加調達されている。

登場作品ジャンル使用者備考
CYBORGじいちゃんG項目参照
Runin漫画炎の門番(ゲート・キーパー)
青の祓魔師アニメ祓魔師第22話
コールタール掃討に使用
硫黄島からの手紙項目参照
ウインドトーカーズ項目参照
ウォッチメン項目参照
怪物王女漫画姫(リリアーヌ)
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
危険屋稼業ECオプ漫画アラブ人テロリスト
機動警察パトレイバー項目参照
キングコング項目参照
グリーン・ホーネット項目参照
コール オブ デューティ: ワールド アット ウォー項目参照
ザ・パシフィック項目参照
シェルショック項目参照
ショックトルーパーズゲーム武器のアイコンとして登場
死霊戦線ゲームライラ・アルフォンM2A1-7
新世紀エヴァンゲリオン項目参照
スーパーマン項目参照
戦闘メカ ザブングルアニメガルロ
ハイヤ
マーレ
ザブングル、ギャリア、ホバギーのエンジンを温めるために使用
大鉄人17特撮ブレイン党員
ダイヤモンドエルフィン漫画ポリス
地球防衛軍映画防衛隊員モゲラ1号を攻撃
地球へ2千万マイル映画警官イーマを攻撃
父親達の星条旗項目参照
ディア・ハンター項目参照
トロピック・サンダー/史上最低の作戦項目参照
バッカーノ!項目参照
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
パニッシャー項目参照
ハムナプトラシリーズ項目参照
美女と液体人間映画自衛隊員ラストの下水道焼却で使用
ファースト・スクワッド項目参照
復活の日映画陸上自衛隊員死体焼却に使用
プライベート・ソルジャー項目参照
ブラザーフッド項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
フルメタル父さん漫画良男の父自転車の練習時に使用
北斗の拳項目参照
滅びの笛漫画自衛隊員
メタルギアソリッド3項目参照
メタルマックスリターンズ項目参照
闇のイージス項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照
遊星からの物体X項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑男ころ安い自己→起こりやすい事故(誤植 -- 2013-02-03 (日) 09:57:39
  • 確か噴射口のところに、着火用のガスバーナー(またはチャッ○マン)みたいなのがついていたはずです。『遊星からの物体X』で銅線を加熱するときに使っていた奴です。
    ただ、燃料に何を使ってるのかは、確認できませんでした。ほとんど無色の炎の色から推して、LPガスみたいなものと思っていたんですが、タンク内で気化したガソリンかも。 -- MA-08S? 2013-02-03 (日) 11:41:41
  • 気化したガソリンだけを分離した上で蒸気だけを勢い良く噴出するシステムがあるなら是非教えてください。
    エンジンでさえガソリンを霧状に噴霧するだけなのに・・・。
    存在したとしてもかなり高度な技術・構造と重量が必要ですね。 -- kuro? 2013-02-03 (日) 19:16:02
  • 気化ガソリンの再利用でないとすれば、やっぱり点火はガスでしょうか。Youtubeなどでは、イグナイター(フロントグリップ)の部分にカセットコンロのガスボンベみたいなのをつけている例もありました。アレに被弾して爆発、というのはかなり難しいと思いますが。
    最終的には、用廃になった実物を撃つなどして実験しないとわからないでしょうね。個人ではまず無理だし、どこかの物好きなテレビ番組などでやってくれないもんだろうか……。 -- MA-08S? 2013-02-03 (日) 20:32:19
  • それいけ!アンパンマンはばいきんまんが使用。 -- やなせたかし? 2014-12-19 (金) 18:08:05
  • ↑それは「火炎放射器」なだけで、「M2火炎放射器」ではないのでは? -- John? 2014-12-20 (土) 14:01:46
  • ↑2アンパンマンも入るのか?このサイト -- 2014-12-21 (日) 16:48:45
  • ↑入るんでない?子供向けだからって抜くようなもんでもないし。 -- 中野学校くん? 2014-12-21 (日) 16:53:15
  • 画像の燃料タンクに穴が開いているようですが戦闘中の被弾によるものでしょうか。 -- 2015-11-15 (日) 19:25:15
  • 無稼動実銃店で扱うために無稼動化加工で穴を開けてある品です。当該品の紹介ページで大きな画像見ると工具で開けた穴ってのがなんとなく分かる。→「ttp://detail-photos.jugem.jp/?eid=132」 -- 2015-11-15 (日) 20:15:46
お名前:


*1 第2次大戦を扱ったメディア作品では、M2が被弾して大爆発するシーンは、ほとんど「お約束」のように現れる。
*2 ただし、昭和38年(1963年)の『三八豪雪』の際は、積もった雪の表面しか融かすことができず、あまり役に立たなかったらしい。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-11 (水) 17:00:50 (46d)