ベレッタ PMX【短機関銃】

pmx_bdt_zoom001-1-850x440.png
全長(ストック折畳/展開時)銃身長重量口径装弾数製造国
418/640mm175mm(6.89in)2.5kg9mm×1930イタリア

 イタリアのベレッタ社が2018年にM12シリーズの後継として開発した短機関銃

 カラニビエリ*1やイタリア軍で使用されてきたM12シリーズは、1960年代の設計故、光学照準器などのアクセサリー追加を想定しておらず、機構も精度が低下しがちなオープンボルト撃発のストレートブローバックであった。またオールスチール製で、軽素材が多用される現代の目で見るとサイズの割に重い銃となっていた。このためカラニビエリよりM12から最低限の機種転換訓練で済む近代的後継銃を求められたことから、ベレッタ社が本銃を開発した。

 レシーバーにはアルミ合金やポリマーが用いられ、M12とほぼ同じサイズで1kg軽量化された。作動方式はストレートブローバックから変わらないが、撃発はクローズドボルト式となった。セイフティを兼ねたセレクターレバーとマガジンキャッチアンビで、コッキングハンドルも左右いずれかに装備可能。各種アクセサリーを装備するためにレシーバートップとハンドガードにはピカティニーレールが設けられている。マガジンが空になるとボルトが後退位置で自動ホールドされる機構を持ち、左側面のボタンかコッキングハンドルを引いてリリースする。マガジンはストレート形状で半透明素材で形成されている。グリップとマガジン挿入口の位置関係やセレクター形状などは、人間工学的に洗練されつつもM12に近いレイアウトとされ、M12からの転換が容易になっている。

 
作品ジャンル使用者備考
007項目参照
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアIII項目参照

このページの画像はBeretta Defense社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/短機関銃/ベレッタ PMX?

お名前:


*1 イタリア国家憲兵隊。陸海空軍に次ぐイタリア国防省第4の組織。平時は治安維持等の警察業務にあたり、有事には戦闘部隊として組み込まれる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-23 (火) 01:07:30 (81d)