大宇 K5 【自動拳銃】

大宇 K5
モデル全長重量口径装弾数製造国
K5 (DP51)190mm734g9mm×1913韓国
.40 S&W11
DP51C178mm686g9mm×1910
LH9N190mm734g9mm×1913
LH9CN178mm686g9mm×1910
REGULUS Alpha188mm774g9mm×1918アメリカ
REGULUS Beta173mm700g

 1988年、韓国の大宇精密工業(現・S&T Motiv)社によって開発された「トリプルアクション*1」と呼ばれる独特のダブルアクション機構を備える自動拳銃である。基本は従来のダブル・シングル兼用だが、ベルギーのFN社製HP-SFSのSFS機構と同様にコック状態からハンマーを押し戻すことが出来、トリガーを引くと再びハンマーが起きて撃発を行う。しかしこの状態ではダブルアクションと異なり、ハンマースプリングはコック状態のため、DAよりも軽いトリガープルで引くことが出来る。
 スライドの形状はアメリカのS&W社製59シリーズに近いが、グリップはイタリアのベレッタ 92シリーズに似たものとなっている。フレームは鍛造アルミ合金製。マガジンはK5用の標準マガジンだけでなくS&W 5906の15連発マガジンを装填可能。

 大韓民国国軍および海洋警察庁に採用されており、主に憲兵や乗務員、将校の護身用として支給される。また、代理店やS&T傘下企業を通じて北米の民間市場でも販売されており、第一世代がDP51、第二世代がLH9、第三世代がREGULUS(レグルス)と呼ばれている。
 DP51は軍用K5と同じ仕様で、大宇精密工業時代の90年代に輸出された。コンパクトモデルのDP51Cを始めとして各種派生モデルが展開された。(下図参照)
 LH9はDP51の改良版で、S&T大宇(当時)傘下のライオンハート社が2011年から販売を開始した。アンビセーフティの装備やグリップの再設計、NOVAKサイトの装備などが施された。2022年時点でLH9は廃盤となっている。
 レグルスは2016年にラインナップに加わったモデルで、LH9の発展型である。標準でマウントレールを備え、1911向けNOVAKサイトと同形状のフロントサイト、G10グリップを持つ。装弾数は18発と大幅に増加。また表面仕上げはセラコートが施されている。なお、レグルスの製造は北米で行われている。

世代モデル名詳細
第一世代DP51K5と同じフルサイズモデル
DP51CDP51のコンパクトモデル。装弾数10発。
DP51SDP51Cのスライドとフルサイズフレームを組み合わせたモデル
DP40DP51の.40S&W弾モデル
第二世代LH9(LH9N)DP51の改良型
LH9C(LH9CN)LH9のコンパクトモデル
LH9 Mk2LH9のレール付モデル
第三世代REGULUS AlphaREGULUSのフルサイズモデル。ブラック仕上げ(Blackout)のみ。
REGULUS BetaREGULUSのコンパクトモデル。ブラック仕上げの他、ブロンズ(Revel)とグレー(Urban)仕上げのモデルがある。
REGULUS CombatREGULUSのサプレッサーレディ(ネジ付きバレルとハイマウントサイト)モデル
 
登場作品ジャンル使用者備考
ドールズフロントライン項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/大宇 K5?

お名前:


*1 トライアクション、ファストアクション、ダブルアクションプラスなどとも呼ばれる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-20 (土) 00:39:59 (695d)