トリガープル / Triger Pull

 引き金を引き、撃発させるために必要な力の大きさ。
 軽いほど引き金が簡単に引けるためガク引き防止の効果が有る*1が、それだけ暴発の危険性が高くなる。一般に、ダブルアクション拳銃のトリガープルは重く設定されている。

タイプ*2トリガープル(kg)備考
コルト ガバメントSA オート2.8
FN HP MK-III3.8
コルト SAASA リボルバー1.8
ルガー スーパーブラックホーク.44mag1.9
コルト パイソンDA/SA リボルバー5.0(DA)
1.6(SA)
S&W M5005.5(DA)
2.1(SA)
ベレッタ M84FDA/SA オート4.0(DA)
2.0(SA)
シグザウエル P2306.0(DA)
2.0(SA)
グロック 22変則DAO オート3.3セーフアクション
コルト オールアメリカンM2000DAO オート4.6
H&K VP708.5
S&W M640DAO リボルバー5.0
二十六年式拳銃5.2
ワルサー WA2000セミオート狙撃銃1.2〜1.5可変

※テストする個体によって数値は多少異なる


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • S&Wの一時期のJフレームリボルバー(.22口径エアライト等)はダブルアクションで約7〜8kgという…小型銃故の超安全(?)設計だった様です。
  • 各種デリンジャーのマガイモノの類なぞシングルアクションにも関わらずダブルアクション並の重さとレポートがありました。
    出来の悪さか安全設計の為かは不明。
    (かなり過去の月刊GUNより) -- 地獄の竜? 2007-03-24 (土) 10:27:20
  • 各種方式のトリガープルがどのくらいなのかというのをみるために表を作ってみましたが、手元にあった資料からトリガーメカごとに適当に選んだので、もっと相応しい資料(例えばグロックは17の方がいいかもしれません)をお持ちの方は是非差し替えをお願いします。 -- クーゲル? 2007-03-29 (木) 02:18:57
  • DA、SAともにどこまで軽くできるんでしょうか。さすがにグラム単位まで軽くはできませんよね? -- 2018-04-17 (火) 20:20:35
  • メカニズムの物理的な質量の問題……って言ったらおしまいですかね。それはさておき、競技用でない拳銃のトリガープルとしてもっとも好まれるのが4ポンド(1.8kg)前後で、それ以下に調整することはごく稀だそうなので、グラム単位まで軽くしようとするのはあらゆる意味で非現実的なんだということだと思います。 -- tobi? 2018-04-17 (火) 22:37:45
  • ↑ありがとうございます。やっぱりその辺りが、メジャーというかオーソドックスな値なんですね。 -- 2018-04-18 (水) 06:12:21
お名前:


*1 精密射撃競技用の銃では、数kgどころか数10gレベルにまで下げる場合もあるようだ
*2 SA:シングルアクション DA/SA:コンベンショナルダブルアクション DAO:ダブルアクションオンリー

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:06:17 (1226d)