スタームルガー LCP / Sturm, Ruger LCP 【自動拳銃】

スタームルガー LCP
モデル全長銃身長重量口径装弾数製造国
LCP131mm70mm (2.75in)270g.380 ACP6/7+1アメリカ
LC9152mm79mm (3.12in)480g9mm×197/9+1

 LCP(Lightweight Compact Pistol)は、アメリカのスタームルガー社が開発した、.380ACP弾を使用する自動拳銃である。2008年のショットショーで発表された。コンシールドキャリーに特化したサブコンパクトサイズのポケットピストルで、護身用やバックアップガンとして用いられるよう設計された。

 非常に小型ながら、作動はティルトバレル方式のショートリコイルを採用している。トリガーは変則ダブルアクションオンリーで、スライド操作を行うと、ハンマーが僅かにコックされる仕組み。トリガーを引くことでフルコックされると共に撃発を行うという、グロックのセイフアクション的な機構を持つ拳銃の一つとなっている。
 フレームはアルミ合金製のサブフレームを内包したガラス繊維強化ナイロン製。ハンマーは携行時の引っ掛かりを考慮してスパーレスとなっており、スライド後部のスリットからハンマーの末端が覗いているためコッキング状態を把握できる。排莢孔の後ろには隙間が設けられ、薬室の装填状態が確認できる。フレームの左サイドにはスライドを後退位置に留めるホールドオープン用のラッチを備えているが、射手がメンテナンスなどの際に手動で押し上げてロックするためのもので、マガジン内の最終弾を発射後に自動的に行われる類のものでない。
 ステンレスバレル、クリムゾントレース社のレーザーガード、ピンク/パープル/ブラウン/グリーンなどのフレームカラー、スケルトントリガーを組み込んだカスタムモデル、など様々なバリエーションが揃っている。

 2011年のショットショーでは、LCPをサイズアップさせ、9mmパラベラム弾に対応させた「LC9」が発表された。全体的なフォルムはLCPを踏襲しているが、規制の厳しい州でのコンプライアンスを満たすため、フレームにマニュアルセイフティとマガジンセイフティ、スライド上部にチャンバーインジケーターが追加されている。その他にLC9のサイズで.380ACP弾に対応させた「LC380」も存在する。
 また、ストライカー方式を採用し、トリガーセイフティ機能を追加した「LC9s」も開発された。これには、マニュアル/マガジンセイフティ機能を廃止したプロ仕様も用意されている。

登場作品ジャンル使用者備考
NieR:Automata Ver1.1aアニメリリィ回想シーン
PARKER/パーカー映画パーカー救急車の中から拝借する
サバゲっぱなし項目参照
デッド・ゼロ 一撃必殺項目参照
ベター・コール・ソウル項目参照

このページの画像はスタームルガー社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 項目の新規作成お疲れ様です! -- 2016-07-25 (月) 01:35:32
  • TVアニメ「NieR:Automata Ver1.1a」に登場。回想シーンでリリィが所持し、自決に使用する(発砲するも自決は失敗) -- 2023-03-05 (日) 01:12:20
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-03-05 (日) 07:32:32 (450d)