減音器 / Sound suppressor

 銃口、または銃身部分に装着する、発砲音を抑制する筒形の装置。『サイレンサー/消音器』または『サウンド・サプレッサー/減音(又は制音)器』と呼ばれるが、後者は、90年代以降にメーカー側で使われるようになったもの。

 減音器に用いられる原理は様々である。発射ガスの勢いをバッフル(仕切り板)で殺すことで、炸裂音の元である衝撃波を抑制するもの。発射ガスを膨張室に封じ込め、音(空気の振動)を周囲に伝播するのを抑制するもの*1。炸裂音を可聴域から非可聴域の高周波に変換するもの。指向性を与えて、音の伝播する方向を制限するもの。などがある。
 一般的な減音器は前者2種の原理を併せて用いる多段膨張式である。登場当初は発射ガスの封じ込めを行うだけの「ただの筒」といったものもあったが、1909年にはマキシム機関銃の発明者として知られるハイラム・S・マキシムの息子であるハイラム・P・マキシムによって、最初の実用的サイレンサーと言われる多段膨張タイプの『マキシム・サイレンサー』が登場している。

 構造としてはマキシム・サイレンサーのような内部に幾重ものバッフルを設けるのが一般的だが、スチールウールなどを吸音材として用いるものや、容積を拡大して効果を高めるものもある。また、銃身にガスを逃す穴を開け、その上にサプレッサーを被せる事で大きくガス圧を軽減し消音効果を更に高めるインテグラル(一体型)サプレッサーという形式のものもある。
 拳銃弾用の減音器は内部を水やオイルのスプレーで湿らせることでより効果を上げることが出来る*2。ただし、これらは減音効果の劣化が早かったり、装置が大きなものとなって取り回しが悪くなったりする欠点があるため、メーカーは主にバッフルの形状に工夫を凝らすことで減音効果を高め、装置をコンパクトに収める傾向にある。

 減音器が軽減できるのはあくまで弾丸の「発砲時の音」のみであるため、発射後の弾丸が飛翔中に音速突破した際に生じる衝撃音は減らす事は出来ない。このため、重い弾頭を用いて初速を落とした亜音速弾との組み合わせが減音効果を高める。旧ソ連VSSの様に、専用の弾薬を開発する例もある。この点から、発砲した弾丸が超音速に達する一般的なライフルに減音器を使用することは無意味だとする誤解があるが、ライフルと減音器の組み合わせは決して珍しくは無い。発砲音とマズルフラッシュさえ抑制してしまえば、遠距離から飛翔する弾丸の衝撃音だけで射手の位置を特定するのは非常に難しいため、(専用の亜音速弾を使用する場合もあるが)軍用狙撃銃ではむしろ一般的なものとなっている。
 なお、減音器はあくまで「音」を抑制する装置であるため、弾丸が通る事さえ出来れば口径は問わない。大口径用のものを小口径の銃火器で用いる*3事には一見悪影響がありそうだが、実際にはむしろ大口径用の体積が大きい減音器の方が減音効果は大きく、複数口径の銃で使えるという利点があるため、小口径のバレルに装着するためのアダプタは一般的なものとなっている。

 亜音速弾と共に最大限に効果を発揮した場合、ボルトの駆動音しか聞こえなくなる程の減音効果を上げる事もあるが、フィクションの中ほどの減音効果は実際には無いものが多い。銃口に取り付けるだけのようなシンプルなタイプの減音器の場合、160デシベルの銃声を120〜140デシベル程度に減音するものがほとんどである。ただし、遠くへ届きやすく聞き取りやすい高周波成分は大きく除去されることが分かっており、銃声を大きく変質させることができる。*4

 銃の作動方式との相性もある。銃口部以外に発射ガスの噴き出しがある機構では、そこが音源となって効果を相殺してしまうため、作動に用いるガスの余剰分を噴き出すベントを持つガスオペレーションでは、ガス作動の圧力を減殺もしくはカットするレギュレーターの併用が必須であり、H&K MP5のようなディレードブローバックはこの点有利である。一方、銃身部に装着する関係上、ショートリコイルなど銃身が動作するタイプの銃ではジャムを起こすことがあり、一部の減音器では発射ガスの一部を利用して、銃身を半強制的に後退させる仕組みが取り入れられている(あるいは、減音効果を増す意味もあって、スライドをロックしてしまうこともある)。
 また、しばらく使用していない状態から発砲すると、サプレッサー内の空気が燃焼して破裂音を生じてしまう現象(ファーストラウンド・ポップ)、連射すると減音器自体が過熱してガスが冷却されず、次第に減音効果が低下してしまう現象*5などがある。内部の仕切り(ブッシュやバッファー)も次第に摩滅、減耗していくため、定期的に交換してやる必要がある。消耗は熱に依るところが大きく、このためセミオート射撃よりフルオート射撃の方がより早く消耗を進める*6
 現行のサプレッサーにはこうした不確実性や信頼性の問題があるため、多くの利点にも関わらずサプレッサーは特殊部隊においても標準の装備とはなっていない。

 減音器には音の抑制だけでなく、様々な副次的効果がある。発射ガスが減速・冷却されるため、マズルフラッシュが抑制や反動の軽減され、また(若干ではあるが)バレルを延長したのに等しい効果があるため、精度や初速を増加させる。
 またガスの拡散タイミングが遅くなることから、発射ガスの圧力が高まる効果がある。これは弾丸側では1%程度初速を増加させるだけで大した差は無いが、機関部には通常よりも25%以上も大きな力が掛かる。これによりガス圧作動式の銃では動作不良を起こす事もある。一方、シンプル・ブローバックやDI方式の銃では圧力に比例して、連射速度が25%近くも上昇してしまうため、制御性を高めるため、サプレッサーを用いる場合はガス流量を下げたり、ボルトキャリアを重くする、リコイルスプリングを強くするなどの調整を行う。この機関部の高速化作用はMG42に用いられているマズル・ブースターと原理的には全く同一である。
 サプレッサーにとって不可避な最も大きな欠点は、こうした数々の作用によって装着前後で発射弾の特性が変わり、着弾点(POI,Point Of Impact)が変化してしまうため、装着時と非装着時とでは照準を別々にゼロインする必要があることである。
 また、物理的な問題として、装着したサプレッサーの分だけ全長が長くなって取り回しが悪くなったり、重くなる欠点もある。一方で、MAC M11などの小型で持ちづらい銃の場合は、減音器を握って射撃を補助することもある。

 日本ではフィクションの影響もあってブラックなイメージが強いが、減音器の捉え方扱われ方は、場所によって様々である。
 アメリカのように悪用の危険性から規制が敷かれているところがある一方、フランスのように「騒音を抑える」ということで、減音器の装着がマナー的に「良い事」とされ、使用が奨励されるところもある。
 また、軍・法執行機関の場合、特殊作戦などで相手に位置を悟らせず、反撃を封じるような攻撃的な役割だけでなく、射撃訓練の際に周辺へ洩れる騒音や兵士たちの難聴の防止といった環境対策として、減音器の使用を検討しているところもある。SWATなどでは、突入作戦時に発砲音で人質がパニックになるのを防ぐ目的も含めて減音器が使用されている。

 余談ながら、漫画などで回転式拳銃に減音器を付けて発射する演出を時折見かけるが、これは無意味な行為である。殆どの回転式拳銃にはシリンダーとフレーム間に隙間(シリンダーギャップ)があり、いくら銃口側で減音しても、そこから豪快に漏れ響いてしまう為である。
 しかし例外として、一部の銃ではシリンダーギャップをガスシール機構などで閉塞する事で減音器の使用を可能としている。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • おいおい、重量弾は初速が下がる代わりに弾速が落ち難いだろう。初速が落ちやすいのは軽量弾だ。 -- 2016-08-27 (土) 02:30:01
  • 何か誤解をされてるのでは・・・?まぁ紛らわしかったかも知れませんが、「エネルギーを補うために重量弾にしている」という意味なので、亜音速弾の方が超音速弾より減衰が早いのは当然ですよね? -- 2016-08-27 (土) 06:02:40
  • CoD4だと9mmx19とか5.56mm同士なら弾薬が共有できたけど、サプ付きの銃はサブソニック弾として、サプ付きしか共有できない仕様だった。CoD4の仕様から見て低速重弾頭のサブソニックを使っているとみていいでしょう。 -- 2016-08-27 (土) 10:00:32
  • サイレンサーのデメリットで吹き返しとかいうのを見たことがあるんだけど吹き返しってナニ? -- 2016-09-27 (火) 15:15:45
  • DI方式のページの最後ら辺を参照のこと。ほぼAR15特有の現象。 -- 2016-09-27 (火) 15:40:10
  • おお!ありがとうございます。 -- 2016-09-27 (火) 15:47:06
  • 2009年版パニッシャーでS&WのM500にサプレッサーつけてたけど、あれって意味あるんですかね。 -- 2017-02-22 (水) 23:48:28
  • 無いだろうな。
    本文にある通り銃声も発射炎もシリンダーから派手に漏れる。
    利点はせいぜいフロントヘビーになって多少反動が落ち着くぐらい。 -- 2017-02-22 (水) 23:54:24
  • ようつべに上がってるサプレッサーの動画、9个任發靴辰りサプレッションされてておお!ってなったんですけど、ああいう動画での9个辰銅總弾とか使ってるんですかね? -- 2017-03-14 (火) 22:46:50
  • 弱装ではなく亜音速弾。だがそもそもその辺の録画機器で音が正確に入ってることはまずない。自分の携帯でその辺の音を録音してみればすぐ分かるよ。 -- 2017-03-15 (水) 06:01:11
お名前:


*1 映画『沈黙の要塞』でも描かれていたペットボトルを銃口に装着していたのが、その一例
*2 ライフル弾用のものでは銃身内圧力が高くなり過ぎるため、破損する危険性がある
*3 例えば拳銃であれば.45ACP用のものを9x19mm、7.62x51mm用のものを5.56x45mmの銃火器で用いる
*4 参考:http://silencertalk.com/results.htm
*5 映画『レオン』でも、これに触れたセリフが出てくる
*6 現代の一般的なサプレッサーではセミオートなら2〜3万発、フルオートなら2〜5千発程度まで使用出来るとされる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-30 (日) 06:01:47 (1d)