スペンサー M1860 / Spencer Model 1860 【小銃】

スペンサー M1865
モデル全長重量口径装弾数製造国
ライフル1200mm4.3kg.56-56 Spencer7アメリカ
カービン997mm3.74kg

 M1860は、1860年にクリストファー・スペンサーが設計したレバーアクションライフルである。日本では「スペンサー銃」の名前で知られる。フルサイズのライフルと、スペンサーカービンと呼ばれるカービンモデルが存在する。

 現在一般的に知られているレバーアクションと異なり、本銃のレバー操作ではコッキングは行われないので、手動でハンマーを起こす必要がある。チューブラーマガジンはバットストック部に内蔵されており、弾の後ろからスプリングロッドを挿入することで蓋をする。装填時には、このスプリングロッドを一度引き抜いてから後部の穴から1発ずつ装填し、その後スプリングロッドを戻す。
 この操作は煩雑であったので、エラスムス・ブレイクスリー氏によって、筒に込めた7発分を一度に棒で押して込めるブレイクスリー・クイックローダーと、この筒を10本収納して専用の革バッグで携行するカートリッジ・ボックスという装置も開発され、販売された。この装置はアメリカ南北戦争において北軍に30,000セット調達されたが、その大半は訓練が間に合わなかったため使用されなかった。
 弾薬は、黒色火薬を用いたリムファイアカートリッジ。後に、使用弾薬の違いやマガジンカットオフ機構*1の追加により、M1865とM1867というモデルが登場した。 

 南北戦争時に北軍に採用され、主に騎兵隊が使用していた。南北戦争後に日本でも輸入されて戊辰戦争で使用されたが、高価なこともあって他の輸入銃に比べてその数は多くはない。

登場作品ジャンル使用者備考
3時10分、決断のとき項目参照
GUN BLAZE WEST項目参照
アパルーサの決闘項目参照
カウボーイ & エイリアン映画ドク
ミーチャム
M1860 カービン
かつて神だった獣たちへ漫画クロード・ウィザース大佐M1860 カービン
フォーン・ウェルズ
フォーンギャング
M1860 カービン
スリング
ゴールデンカムイ項目参照
ジョン・カーター映画アメリカ合衆国・第7騎兵隊
アパッチ族
M1860 カービン
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
マチェーテ・キルズ項目参照
松平右近事件帳TVドラマ有馬阿波守の家臣M1860 カービン
陸奥圓明流外伝 修羅の刻漫画ビルの手下
騎兵隊
M1860 カービン
八重の桜TVドラマ山本 八重M1860 カービン
許されざる者(1992年)項目参照
レッド・デッド・リデンプション項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • NHKドラマでは山本八重が使っていたのはカービンモデルでしたが、史実ではどうなんしょう? -- 2013-01-18 (金) 15:49:54
  • 当時の日本人は今より小柄だった筈だしカービンモデルの方が
    身体に合ってそうだな、女性なら尚更 -- 通りすがり? 2013-04-10 (水) 01:05:19
  • ヘンリー銃と同期だったんだ・・・・・。 -- 2016-10-16 (日) 22:58:16
お名前:


*1 M1865はスタブラー・カットオフで、M1867はスペンサーがパテントを取得したカットオフを設けている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-16 (月) 17:47:53 (5d)