ステアー スカウト / Steyr Scout 【小銃】

マンリッヒャー スカウト
全長重量口径装弾数製造国
980mm3.0kg5.56mm×45
7.62mm×51 等
5/10オーストリア

 ステアー・マンリッヒャー社が1998年に発表したボルトアクション小銃
 スカウトライフルとは元々ジェフ・クーパーの提唱した概念で、全長1000mm以下、重量3.5kg以下、フォワードマウントした低倍率スコープ、標準口径.308Win.などを特徴とした理想的な汎用ライフルのことである。
 従来これらの要件を満たすライフルは度々ガンスミスの手によって作られるだけであったが、これに目を付けたステアー社がAUGでの合成樹脂技術を活かし、工業品として生産を始めたのがステアー・スカウトである。

 マンリッヒャー・スカウトとして知られる本銃は、ピカティニーレールやSBS(Safe Bolt System)を採用、それと共にボルト部分をニッケル加工しており、内蔵機構の強度と安全性が高い。更にストックやレシーバーに特殊ポリマーを使用することで、軽量化にも成功している。
 また、本銃は高い精度を誇ることから競技用やハンティング用としても使われる。そのためか、ストック横部に予備弾丸を装着可能なアタッチメントも存在し、使用可能な弾薬も.223rem.(5.56mm×45)、.243Win.(6mm×51)、7mm-08Rem.(7mm×51)、.308Win.(7.62mm×51)、.376Steyr(9.55mm×60)と多様である。それと共に、各口径に対応して"カブスカウト"、"ドラゴンスカウト"、"ルフトスカウト"といった名前が付けられている。

 こうしてステアー社の生産する一連のシリーズは、スカウトライフルのスタンダードとして広く知られるようになった。

登場作品ジャンル使用者備考
カウンターストライク項目参照
スペックオプス ザ・ライン項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
レインボーシックス項目参照

このページの画像はSTEYR MANNLICHERから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ドラグノフなどのようなスコープが後ろにくる付け方は、スコープの周りが見えにくくなる(視野がスコープでうまる)ので、近距離では不利、ということではないでしょうか。 -- 2013-07-24 (水) 16:08:06
  • 単純にボルトの操作の邪魔になるからじゃないですか? -- 2013-07-24 (水) 16:25:21
  • 7.62×39弾って使えるんですか? -- 2013-08-09 (金) 17:33:07
  • ハンドガード部は展開することでバイポッドとして使用できるようです。 -- 2013-08-12 (月) 14:04:24
  • もともとブッシュハンティング用に開発されたスカウトライフルにバイポッドって必要なんだろうか? -- 2013-08-13 (火) 05:02:55
  • ちょっとした休憩の時に立て掛けておく場所が無かった時のため…ではなさそうだな。 -- 2013-08-13 (火) 07:01:34
  • 写真撮る時に排莢口が見え難いから、とか? -- 2014-09-07 (日) 10:14:24
  • なんで実用性より先に写真撮る用途でバイポッド付けるんだよw 別にスカウトライフルでもバイポッドぐらいあれば便利に決まってるじゃないか! -- 2014-09-07 (日) 10:57:56
  • 精度がいいって書いてるけど、銃本体があれだけ軽いとリコイルが結構凄そうだな。 -- 2015-11-01 (日) 02:27:57
  • スカウトライフルオンリーかと思ったら狙撃に特化したタクティカルモデルもあるみたい。7.62mm使って800mまで対応できるけど、R700と同レベルの重さになる。 -- 2016-10-15 (土) 01:54:19
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:42 (1380d)