OEWG マンリッヒャー・ショウナワー / OEWG Mannlicher-Schönauer 【小銃】

M1903軍用カービンモデル
モデル口径全長重量装弾数製造国
Model 19036.5mm×541226mm3.83kg5オーストリア=ハンガリー帝国
Model 19059mm×56
Model 19088mm×56
Model 19109.5mm×57

 マンリッヒャー・ショウナワーは、1903年にオーストリア=ハンガリー帝国で開発された、ロータリーマガジン式のボルトアクションライフルである。設計はOEWG(Österreichische Waffenfabriksgesellschaft:オーストリア兵器工場共同体。後のステアー・マンリッヒャー社)の技術者であったフェルディナンド・マンリッヒャーとオットー・ショウナワーが行った。

 多数の民間向けバリエーションが開発されたため、製造された年代を取って、民生品は「Model 19XX」と便宜的に表記されるが、正式には「YY×ZZmm(その銃の口径) Mannlicher-Schoenauer」*1となっている。最初のモデルであるM1903が当時のギリシャ陸軍向けに製造され、少数の同モデルが、オーストリア=ハンガリー帝国陸軍で使用された。

 この銃の初陣は、第一次世界大戦よりも前の1912年に発生した第一次バルカン戦争ながら、その堅牢性と射撃精度から、軍用モデルが1941年まで製造され、その後も1942〜49年のギリシャ内戦まで使用され続けた。またその性能の高さにより、比較的多くの銃が狙撃銃に改造された。
 第二次世界大戦では、オーストリアSSなどでも使用されていた模様。

 なお、本銃はノーベル賞作家のアーネスト・ヘミングウェイが愛用したことでも知られている。

登場作品ジャンル使用者備考
史上最大の作戦項目参照
シンドラーのリスト項目参照
魔弾小説レップ

このページの画像はウィキメディアコモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • おお、あのヘミングウェイの愛銃ですな。『海流の中の島々』でも -- HK15? 2012-10-30 (火) 23:27:00
  • 丁寧に描写されていたのが印象的でした。死ぬまでに一度は撃ってみたいですが、難しいだろうなあ……。 -- HK15? 2012-10-30 (火) 23:28:03
お名前:


*1 たとえばModel 1903ならば「6.5×54mm Mannlicher-Schoenauer」となる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:16 (1654d)