サコー Rk95 / SAKO Rk 95【突撃銃】

RK95
モデル全長(折畳時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
Rk 95TP935mm(675mm)3.7kg7.62mm×3930600〜750発/分S/Fフィンランド
Rk95TPを構えるフィンランド国防陸軍兵

 バルメ社が開発したRk76の近代化モデル。1982年にバルメ社の小火器部門がサコー社に買収されたため、現在はサコー社で生産されている。

 まず一番最初に目につくのは、Rk62/76で採用されていた太いパイプ状のストックが、ガリルタイプの折り畳み式スケルトンストックに変更された事だ。ストックを構成するチューブの表面はプラスチックでコートされ、内部にはクリーニングロッドを内包する。操作系はRk62から変わらないAKシリーズと同様のものだが、コッキングハンドルに上反角がつけられ、左手でのコッキング操作も可能となっている。銃口のフラッシュハイダー部は、Rk62/76のようなバヨネットラグは廃されたが、減音器ライフルグレネードの取り付けソケットとなる多機能型に改められた。ガスブロックにはバヨネットラグとガスレギュレーターが追加された。

 原型はサコー社でRk76を元に1990年に作られたM90で、これに各種改良を加えて1995年にフィンランド国防陸軍に採用され、Rk95となった。Rk62/76から外見は一新されたが、機関構造はAKMと同一で、初期のRk62から大差なく、使用する7.62mm×39弾は前世代的と批判する声もあるが、所謂「枯れた技術」のため堅牢で信頼性が高い。

登場作品ジャンル使用者備考
Alliance of Valiant Arms項目参照
うぽって!!項目参照
ペーパーマン項目参照
ヨルムンガンド項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズ及び、フィンランド国防軍から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 分解するときもAKと同じ手順なのでしょうか?また、内部はAKとは別物みたいな感じなのでしょうか? -- 2014-08-04 (月) 21:10:05
  • 内部機構の構造自体はAKMと同じだったはず。サプレッサーって一般歩兵にも支給されるんでしょうか? -- 三流陸曹? 2015-12-22 (火) 15:57:12
  • どうなんだろうね?フィンランド軍ってゲリラ戦に特化してそうだから、あり得なくは無いけど…ソースははっきりと覚えてないけど、昔フィンランド軍は銃声よりもマズルフラッシュの偽装に力を入れてるって見た覚えがあるから、やっぱり特殊部隊以外には支給されて無いんじゃないかな? -- 2015-12-22 (火) 16:34:33
  • 回答有り難う御座います。フィンランド軍の資料現用については本当に少なくてどうにも推測ばかりになってしまいますね・・・ -- 三流陸曹? 2015-12-22 (火) 16:41:26
  • まぁそもそも規格が同じだから取り付けが可能ってだけで、別にサプレッサーが配備されてるとは限らないのでは?M4だってどれも取り付けは可能でしょうけど配備されてるのはごく一部の部隊だけですし・・・ -- 2015-12-22 (火) 19:03:36
  • 減音器のページにもありますが、サイレンサーは特殊作戦用とは限らないですよ。トレーニング時の騒音抑制対策として、フィンランドのメーカーが卸してるようです。→ttp://guns.connect.fi/rs/Reflex.html -- 2015-12-22 (火) 19:08:55
  • スポーツ射撃とかね -- 2015-12-22 (火) 19:09:39
  • ただサプレッサーが必ずしも必要な装備かというとそうでも無いですし一般部隊に普及させるとなるとかなりの予算が必要になりますしね。 -- 三流陸曹? 2015-12-22 (火) 19:48:39
  • Rk62では三叉であったフラッシュハイダーが、Rk95ではただの円筒形となっておりますが、何か問題でもあったのでしょうか? -- 2016-01-04 (月) 13:28:53
  • XM16E1と同じ理由で枝が引っ掛かかるとかじゃないの? -- 2016-01-04 (月) 14:36:52
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-26 (日) 15:14:32 (330d)