アキュラシー・インターナショナル AS50 / Accuracy International AS50 【対物狙撃銃】

AI AS50
全長重量口径装弾数発射形式製造国
1369mm14.1kg12.7mm×995+1Sイギリス

 AS50は、イギリスのアキュラシー・インターナショナル社が開発した、大口径の機関銃弾を使用するセミオート対物ライフルである。アメリカ特殊作戦軍(USSOCOM)向けに開発され、2005年1月のショットショーで初公開された。アメリカ海軍特殊作戦センターでテストされた。

 機関部は2ブロックで構成され、フリーフローティングバレルによる高い命中精度を期待できる。作動方式はガスオペレーションで、ロッキングにはティルトボルトを採用している。マズルブレーキバイポッド(共に着脱式)を標準で備え、ピカティニーレールを本体上部だけでなくハンドガード側面にも装備し拡張性は高い。ただ、マガジンはシングルカラムで装弾数5発と、主な競合相手となるであろうバレット M82A1よりも少ない(バレット M82A1はダブルカラムで10発)。
 フレームは一部チタニウムを使用して軽量化が図られている。通常分解でも工具無しに3分ほどでアセンブリごとに分けられる為、整備や運搬時の軽便さに一役買っている。


このページの画像はENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ファークライ4で後半になって手に入る対物ライフルってこれ? -- 2016-02-29 (月) 10:37:09
  • いや、あれは同じセミオートだけどGM6Lynxだ。 -- 2016-02-29 (月) 12:30:07
  • CSOに本銃が登場しています。 -- 2016-11-07 (月) 19:33:28
  • ガスオペはガスオペでもどの方式なんだろう。AI社の動画見た感じではガス直噴式っぽいし、英語版wikipediaでもDI(ただし要出典扱い)になってたけど -- 2016-11-21 (月) 19:01:43
  • この絵を信じるならガスチューブはいかにも直噴だが -- 2016-11-21 (月) 19:22:32
  • 写真だとガス抜けのスリットみたいなのあるし、動画だとボルトからガスチューブに向かって伸びてるパーツ見える点からして、AKみたいなロングストロークのピストン式じゃない? -- 2016-11-21 (月) 23:51:00
  • ようつべで見れる動画を見る限りガスをボルトに吹き付けている辺り完全にAG42タイプのDI式だと思うんだが… -- 2016-11-22 (火) 00:38:54
  • ガス抜けのスリットみたいなのはおそらくガスチューブを冷やすための放熱ジャケットの可能性が大(というかガス抜けのスリットだったらガスが出るはずだが動画では出てない)ボルトからガスチューブに向かって伸びているパーツも明らかに固定されたモノでAG42やMAS49やAR系によく見られるパーツ -- 2016-11-22 (火) 00:47:40
  • 見た動画の画質悪かったから、ガスの出てるとことパーツ固定されてるのに気づかなかった。申し訳ない。確かにそれだとDI式なんだろうね。 -- 2016-11-23 (水) 00:17:08
  • この銃って現在どうなってるの?Accuracy Internationalの公式サイトにはもうのってないけど生産されてない? -- 2018-03-05 (月) 18:14:26
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:05:33 (2018d)