RPCフォルト フォルト 12 / НВО Форт Форт-12 【自動拳銃】

フォルト 12
モデル全長重量(本体)口径装弾数製造国
フォルト 12180mm830g9mm×1812+1ウクライナ
フォルト 12 Kurz180mm830g9mm×17 Kurz14+1
フォルト 12R180mm830g9mm РА
.45 Rubber
12+1
8+1
フォルト 12RM180mm830g9mm РА
.45 Rubber
12+1
8+1
フォルト 12T180mm830g9mm РА
.45 Rubber
12+1
8+1

 フォルト(フォート)12は、マカロフ自動拳銃の後継としてウクライナの法執行機関にて制式採用された自動拳銃

 1995年ごろ、ウクライナ内務省は旧式化したマカロフの後継となる制式拳銃を要求した。それに応えるべく、ソビエト連邦からの独立を果たして間もない1991年に発足し、内務省および各法執行機関へ小火器の生産・供給を請け負うウクライナ・ヴィーンヌィツャ州の国営企業「RPCフォルト」により設計されたのがフォルト 12である。社会主義体制の崩壊による経済悪化のあおりを食らうなどの逆風もあったが、チェコのCZ社から工場機材を購入するなどの策が功を奏し、90年代後半には無事に生産を開始、98年12月21日に内務省により制式採用された。

 CZ83CZ75を参考に設計されたといわれるコンベンショナル・ダブルアクション機構とブローバック作動を備え、12連発のダブルカラムマガジンを採用。スライド左側面のマニュアルセイフティはハンマーをロックするタイプだが、コック&ロックではなく、ハンマーがデコックポジションでも機能する。
 初期の生産ロットは歩留まりが悪く、信頼性に問題がある個体がかなりの割合を占めたが、工場機材の品質向上により大きく改善された。後発だけあって、マカロフと比べ、操作性や装弾数、命中精度などにおいて優れる。

 バリエーションとして、法執行機関及び民間市場向けに、非致死性弾専用の「フォルト 12R」やスライド形状に変更を加えた改良型の「12RM」、実弾の使用防止のためにバレル内にパーティションの施された「12T」などがある。過去に存在したバリエーションとしては空包射撃用の「フォルト 12G」、射撃競技用モデルの「Sokil*1(Сокіл:ハヤブサ)」などが確認されている。

登場作品ジャンル使用者備考
S.T.A.L.K.E.R.(ストーカー)項目参照

このページの画像はФортから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • カタログ落ちしていませんよ。公式サイトの「Weapons with non lethal action」をご覧ください。 -- tobi? 2013-11-14 (木) 10:53:24
  • これは失礼しました。しかし、12Gが見当たらず…。ブランクガンの項目は説明書きだけのようです。 -- 2013-11-15 (金) 00:19:13
  • 実銃でも空砲は撃てると思うが空砲しか撃てない(実弾が発射できない)ブランクガンとか、そんなに売れんだろうからわざわざ画像を付けて宣伝する程でもないって判断なんじゃね? -- 2013-11-15 (金) 09:14:55
  • 12Gがカタログに載っていない件、こちらこそ失礼しました。ルーマニア在住の知人がこれに似たスターターガンを見たことがあると言っていたので、ウクライナ版Wikipediaだけ見てまだ販売してるものと決めつけておりました……。 -- tobi? 2013-11-15 (金) 12:55:47
  • 12Gはスターターガンということで別口で販売されているかもしれませんね。ところで、12Gを探す過程で目を通した同社のpdfに、競技用のSokil他がありました。 -- 2013-11-16 (土) 01:03:49
  • ↑続き、謎なのは"Sokil"ではなく"Sokol"だったこと。写真にもSOKOLと刻印されていました。ウクライナ語では一字違いでハヤブサ(ソキル)→タカ(ソコル)となるようです。公式サイトのキャッシュとウクライナ版ウィキペでは"Sokil"はあってもSokolが無いので、それぞれ別の銃ではなく、どちらかが間違いだとは思うのですが。 -- 2013-11-16 (土) 01:09:47
  • pdf確認しました。たしかにSokolとなってますね。注釈に載せた公式カタログの魚拓にはСокілの文字があったのでそちらを載せました(魚拓の関係上拡大した写真までは見れませんでした)が、ロシア語版にはСоколとなっていました。どちらも自動英訳では「Falcon」として訳されます。刻印がある以上Sokolの可能性が高いのですが……スライドの刻印だけロシア語だったりして…^^;
    12Gとこれを記載した理由は、単に「バリアントのうち口径の異なるもの、および非致死弾専用モデルなど異色なもの」、端的にいえば「ネタになりそうなバリアント」というだけで選んだという適当な理由というのが正直なところなので、とりあえずこの二つはいったん消して12RMと12Tの記述に書き換えましょうか? -- tobi? 2013-11-16 (土) 01:42:03
  • 12Gが架空のバリアント、というわけではないので、消す必要はないのでは。 -- 2013-11-16 (土) 15:12:17
  • 確かに -- 2013-11-16 (土) 16:27:27
  • いただいたコメントも考慮し、とりあえず12GとSokilをスペック表からはずして12RMと12Tの記述に置き換えました(「虚偽だから消した」ではなく「扱いに迷ったのでコメントアウト」しました)。もともとすべてのバリエーションを網羅する方向では考えておらず、確認できるモデルの記載さえあれば、最低限記事としての体裁は整ったかなと。コメントアウト部分については他の方にもおまかせしますが、Sokilに関してはもう少し調べてみようかなと。 -- tobi? 2013-11-17 (日) 13:22:21
お名前:


*1 スライドの刻印から「Sokol (Сокол)」とも。公式サイト(キャッシュ、英語への自動翻訳を推奨) http://archive.is/pfSUn

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-09 (月) 17:22:08 (2998d)