スターシップ・トゥルーパーズ / Starship Troopers

 SF小説の巨匠ロバート・A・ハインラインが1959年に発表した『宇宙の戦士(原題:Starship Troopers)』の実写映画化作品。軍事政権によって支配された未来社会において、昆虫型エイリアン「アラクニド」(通称“バグズ”)との壮絶な戦いを繰り広げるSFアクションである。
 現在、映画作品3本以外に、アニメーションとTVゲーム(FPS)が制作されている。

実写映画版

スターシップ・トゥルーパーズ (原題 Starship Troopers)

1997年、アメリカ映画
監督:ポール・バーホーベン

・ストーリー
 全世界が地球連邦政府の統治下に置かれた遠い未来の地球。この社会では市民権を持つ者は「市民」、持たない者は「一般民」に分類され、市民権を獲得するためには兵役に就く必要があった。ハイスクールに通う一般民の青年ジョニー・リコ(キャスパー・ヴァン・ディーン)は、卒業を機に恋人のカルメン(デニス・リチャーズ)、親友のカール(ニール・パトリック・ハリス)らと一緒に軍に志願する。
 機動歩兵隊に配属されたジョニーは厳しい訓練に耐え分隊長に任命されるも、模擬戦闘訓練での判断ミスから犠牲者を出してしまう。失意のあまり除隊を申し出て故郷に帰ろうとしたその時、以前より人類と緊張状態にあった「アラクニド」と呼ばれる異星生物がしかけた隕石攻撃のニュースを目にする。この攻撃で両親もろとも故郷のブエノスアイレスを失ったジョニーは、仇をとるべく再び兵士として戦うことを決意するのだった。
 一方この隕石攻撃を先制攻撃とみなした地球連邦政府は、アラクニドに対し宣戦を布告する。敵の母星・クレンダスを制圧すべく、機動艦隊*1を惑星軌道上に展開。その後、機動歩兵隊を乗せたドロップシップ*2を次々と降下させる。しかし彼らを待っていたのは、圧倒的攻撃性と物量で迫り来るバグズの群れであった―――

使用者銃器名備考
ジョニー・リコ二等兵
(最終階級は中尉)
盛田式アサルトライフル Mk.I
盛田式アサルトライフル Mk.I(訓練用)敵チームから奪って二挺撃ち時もあり
Mk55 タクティカル・ニュークランチャー個人携行用の核ミサイルランチャー
盛田式アサルトライフル Mk.I カービン小隊長に着任以降に使用
ジーン・ラズチャック中尉盛田式アサルトライフル Mk.I カービン
盛田式アサルトライフル Mk.I スナイパーワトキンスの銃を借用
ディジー・フローレス二等兵盛田式アサルトライフル Mk.I
盛田式アサルトライフル Mk.I(訓練用)
カルメン・イバネス中尉盛田式アサルトライフル Mk.I カービン脱出ポッドの予備銃
エース・レビー二等兵盛田式アサルトライフル Mk.I
カール・ジェンキンス大佐盛田式アサルトライフル Mk.I カービン実験室で使用
ザンダー・バルカロウ中尉盛田式アサルトライフル Mk.I カービン
ズィム軍曹
(使用時は二等兵)
盛田式アサルトライフル Mk.I発砲シーンは無し
シュガー・ワトキンス二等兵盛田式アサルトライフル Mk.I スナイパー
盛田式アサルトライフル Mk.I惑星降下前の宇宙艦内で所持
ブリッジ伍長盛田式アサルトライフル Mk.I
キトゥン・スミス二等兵盛田式アサルトライフル Mk.I
盛田式アサルトライフル Mk.I(訓練用)
カトリーナ二等兵盛田式アサルトライフル Mk.I
シュジュミ二等兵盛田式アサルトライフル Mk.I
盛田式アサルトライフル Mk.I(訓練用)
ブレッケンリッジ二等兵盛田式アサルトライフル Mk.I実弾訓練時に使用
ジャナ二等兵盛田式アサルトライフル Mk.I実弾訓練時に使用
機動歩兵隊員盛田式アサルトライフル Mk.I戦闘時や地球連邦放送内で使用
盛田式アサルトライフル Mk.I(訓練用)模擬戦闘訓練時に使用
盛田式アサルトライフル Mk.II ASR地球連邦放送内で使用
第6機動歩兵隊員盛田式アサルトライフル Mk.Iクレンダス侵攻作戦時に使用
Mk55 タクティカル・ニュークランチャー
小隊長
(第6機動歩兵隊)
盛田式アサルトライフル Mk.I カービンクレンダス侵攻作戦時に使用
ラズチャック愚連隊員
(機動歩兵隊)
盛田式アサルトライフル Mk.I
USSR DShKウィスキー前哨基地の銃座
銃身2門の架空銃
リコ愚連隊員
(機動歩兵隊)
盛田式アサルトライフル Mk.Iブレイン・バグ捕獲作戦時に所持
ウィスキー前哨基地の隊員盛田式アサルトライフル Mk.I死亡しているため未使用
法廷の警備兵盛田式アサルトライフル Mk.I カービン死刑判決のシーンで所持
CMの子供盛田式アサルトライフル Mk.I地球連邦放送のCM内で所持
 

スターシップ・トゥルーパーズ3 (原題 Starship Troopers 3: Marauder)

2008年、アメリカ映画
監督:エド・ニューマイヤー

・作品解説
 アラクニドとの戦争開始から11年後の世界が舞台。1作目の主人公ジョニー・リコ(キャスパー・ヴァン・ディーン)が、大佐に昇格して再登場を果たしている。また1作目では予算の関係上、映像化が見送られていたパワードスーツが「マローダー」の名称で登場している。

使用者銃器名備考
ジョニー・リコ大佐盛田式アサルトライフル Mk.IIIロク・サン基地攻防戦で使用
ローラ・ベック大尉盛田式アサルトライフル Mk.IIIストックレス
脱出ポッドの予備銃
ブル・ブリトルズ軍曹盛田式アサルトライフル Mk.IIIストックレス
脱出ポッドの予備銃
機動歩兵隊員盛田式アサルトライフル Mk.IIIロク・サン基地攻防戦で使用
地球連邦軍士官ベクター CP1
 

CGアニメ版

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン (英題 Starship Troopers: Invasion)

2012年、日本・アメリカ合作
監督:荒牧 伸志

・作品解説
 フルCGアニメーション作品。監督は『APPLESEED』の荒牧伸志。

使用者銃器名備考
カルメン・イバネス艦長TDI ベクター SDPベクターSDP風の近未来架空銃
オーティス・ハックス中尉
“バグスプレー”
盛田式スナイパーライフル終盤、トリッグの物を借用
ティア・デュラー
“トリッグ”
盛田式スナイパーライフル詳細は欄外を参照

その他設定

盛田式アサルトライフル (Morita Assault Rifle)

 ※下記の説明はMk.Iについての記述となる
 マズライト社製ブルパップストックをベースとした架空銃AC556が内蔵されており、排莢口付近にその機関部を確認することができるが、「盛田式アサルトライフル = AC556のカスタムモデル」という設定ではない。(設定では)使用弾薬は7.62mm弾。またM60のフラッシュハイダーが流用されている。
 「盛田式」という名称については、ソニー創業者の故・盛田昭夫氏の名前が由来となっている。この理由は映像技術にソニーが協力していたからである。
 一般的に盛田式アサルトライフルと言えば、1作目に登場するMk.Iのことを指す。主な特徴や他モデルについては下記を参照。

モデル特徴
Mk.I銃身下部にM37ショットガン装着
(そのためトリガーが上下二段式となっている)
Mk.I カービンカービンモデル。M37未装着
士官用、又は予備銃として脱出ポッドなどに積載
Mk.I スナイパーMk.Iに自動追尾・自動拡大機能スコープ装着
Mk.I(訓練用)模擬戦闘用のショックビーム銃
銃口前部に専用モジュール装着
Mk.II銃身下部にグレネードランチャー搭載
Mk.III10mmケースレス弾を使用
銃身上部にスコープ、グレネードランチャー搭載*3
プロップガンとしてAK47を内蔵
スナイパーライフル英語では「Morita XXX Sniper Rifle」
ベースはXM500だが、ブルパップ式ではない
劇中オリジナルのスコープ装着
トリッグの両親が製作した銃で、劇中では旧式扱い

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画2作目とアニメ版の銃器に関しては、実銃がベースなのか不明なので項目は作りませんでした。
    ただゲーム版には、1作目の盛田式アサルトライフルが登場するようです(未プレイなので詳しくはないのですが...) -- 2009-07-19 (日) 00:04:20
お名前:


*1 恒星間級デストロイヤー艦を主軸とした艦隊。ロジャー・ヤング、ブル・ラン、マナーハイム、ドーントレス、ジョージ・マーシャル、ヤマモト等の超弩級艦で構成され、これらの宇宙艦1隻につき機動歩兵隊1個大隊を収容する。
*2 宇宙艦から切り離され、惑星地表に軟着陸するための降下艇。1機につき1個小隊を収容する。ロジャー・ヤングをはじめとする宇宙艦は、左右両舷に合わせて18機を搭載している。
*3 おそらくOICWをイメージしているものと思われる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:10:21 (1341d)