ゴリラ / Raw Deal

1986年、アメリカ映画
監督:ジョン・アーヴィン

・ストーリー
 FBI捜査官時代のトラブルで、田舎の保安官事務所に左遷されたマーク(アーノルド・シュワルツネッガー)。ある日、元上司のハリーからFBI復帰を条件に、シカゴマフィアに潜入捜査をしてほしいと頼まれる。
 依頼を承諾したマークは、偽装事故で自らの存在を抹消。ジョセフ・P・ブレナーという別の人物になりすまして、暗黒社会に身を投じるのだった―――

・解説
ターミネーター』でブレイクを果たしたとはいえ、シュワルツネッガーがまだ、シルベスター・スタローンの後塵を拝していた頃の一作。原題の“Raw Deal”とは、日本語では「やくざ者」に相当する隠語だが、邦題はおそらく、同時期に公開された『コブラ』を意識したものと思われる。
 ただし、本作はいわゆる「潜入捜査官」を扱っており、作風は大きく異なる。まだ駆け出しで演技はぎこちないものの、オールバックにして暗黒街に潜入したシュワルツネッガーのダーティな振る舞いも、他ではなかなか目にかかれない。銃撃戦だけではなく、『ゴリラ』の邦題にふさわしい派手な格闘シーンも見どころのひとつである。

 なお、シカゴマフィアのドン、パトロヴィータを演じるサム・ワナメイカーは、奇しくも(?)シカゴの出身だが、1950年代、映画界にも吹き荒れた“赤狩り”の嵐に追われて英国に脱出。アメリカ出身でありながら、キャリアの大部分を英国で過ごしたという逸話を持つ。
 1980年代に入って、TVムービーを主に徐々にアメリカ映画にも復帰し始めていたが、本作はワナメイカー晩年の代表作の一つとなった。(1993年、英国・ロンドンで死去)

使用者銃器名備考
マーク・カミンスキーダン・ウェッソン M15採石場への殴り込みで使用
S&W M27スナブノーズモデル
ラマンスキーの運転手、情婦を脅す
S&W M15スナブノーズモデル
元はマフィアの銃
ラストでバクスター検事に渡し、自決を迫る
インターナショナル・オードナンス MP2
(International Ordnance MP2)
車のフロントガラスを破るのに使用
H&K HK94サプレッサー装着
フォアグリップ装着
ウージーM10 サブマシンガンウージー風に改造した、通称“ウジグラム”
ラストの殴り込みで使用
元はマフィアの武器
コルト XM177ラストの殴り込みで使用
元はマフィアの武器
モスバーグ M500ラストの殴り込みで使用
ハリー・シャノンS&W M586スナブノーズモデル
墓地での銃撃戦で使用
バクスター検事コルト XM177マフィアの遺品
発砲なし
ベイカーS&W M15スナブノーズモデル
麻薬取引の強制捜査時に使用
発砲なし
シカゴ市警女性捜査官チャーターアームズ オフデューティー旧型,スナブノーズモデル
アンダーカバーかも?)
麻薬取引の強制捜査時に使用
発砲なし
ルイジ・パトロヴィータS&W M64スナブノーズ
マフィア構成員S&W M104インチバレル
ダン・ウェッソン M15
M10 サブマシンガン
ウージーM10 サブマシンガンウージー風に改造した、通称“ウジグラム”
スリング装着の物も
スプリングフィールド M14序盤のFBI襲撃、中盤のラマンスキー狙撃(未遂)で使用
サプレッサースコープスリング装着
M16A1スリング装着
コルト XM177スリング装着の物も
水平二連式散弾銃墓地での銃撃戦で使用

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • グンツではなくInternational Ordnance MP2と言うマシンピストルらしいです。 -- 2012-10-11 (木) 19:42:23
  • 大変今さらですが、記事を修正。情報、ありがとうございました。 -- MA-08S? 2013-12-14 (土) 23:26:55
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-08 (木) 06:42:45 (317d)