G.I.ジェーン / G.I. Jane

1997年、アメリカ映画
監督:リドリー・スコット

・ストーリー
 アメリカ海軍情報局所属のジョーダン・オニール大尉(デミ・ムーア)は、男女差別雇用撤廃という名の政治策略に利用され、軍隊の訓練コースを受けることに。それは志願者の60%が脱落する、米軍で最も過酷とされるアメリカ海軍特殊作戦部隊SEALの訓練プログラムだった。教官マスター・チーフ(ヴィゴ・モーテンセン)の壮絶なしごきに加え、女性であるが故に他の訓練生から受ける軽蔑。さらには、SEAL入隊をけしかけた女性議員からも裏切られ……
 しかし、オニールは屈する事無く、12週間に及ぶ地獄の訓練を耐え抜くのだった―――

・作品解説
 屈強な男でも音を上げる特殊部隊の猛訓練に、うら若き美女が果敢に挑み、男顔負けの努力と根性で乗り切ってみせる、「スポ根」ならぬ「ミリ根」映画(?)。
 主役に『ゴースト/ニューヨークの幻』のデミ・ムーア、監督に『エイリアン』、『ブレードランナー』のリドリー・スコットを迎えた意欲作……、なのだが、あまりにベタな筋書きが災いしたか、「女を捨てた」かのような主人公の姿が観客に拒絶されたか、公開当初の評判は散々。スキンヘッドにまでなったムーアの熱演も空回り気味で、ゴールデン・ラズベリー賞の最低主演女優賞受賞という、ありがたくないおまけまでついてしまった。
 しかしガンマニア的には、なかなか表に出る機会のない特殊部隊(SEALS)の訓練シーンの一端を描いたという意味で、貴重な作品でもある。
 後に『シン・レッド・ライン』などでブレイクするジェームズ・カヴィーゼルが、ちょい役で登場しているのも、隠れた見所の一つ。

使用者銃器名備考
ジョーダン・オニール大尉コルト XM177作戦時はM203装着
サコー M60E3銃の組み立て訓練で使用
ジョン・ジェイムズ・ウルゲイル曹長
“マスター・チーフ”
USSR ドラグノフ訓練時に使用
コルト XM177終盤で所持
H&K SR9(T)スコープ装着
作戦時に使用
M67手榴弾ブービートラップに使用
ウィックワイヤH&K MP5SD3終盤で使用
コルテスサコー M60E3
スロヴニクコルト M16A2終盤で使用
US M18
マクールコルト XM177終盤で使用
ニューベリーコルト XM177終盤で使用
SEAL隊員コルト XM177作戦時に使用
コルト M16A2
H&K MP5SD3
SEAL訓練生コルト XM177M203装着型もあり
訓練時に所持
教官サコー M60E3訓練時に使用
レンジャー隊員コルト M16A2作戦時に使用
リビア軍兵士USSR AK47
USSR DShK車載銃


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なかなかに厳しい訓練シーンが出てきますが、悪名高い「溺死プルーフ」はありませんでしたね(笑 -- 2009-09-26 (土) 00:19:05
  • 訓練で銃身にコンドームを被せるシーンがありますが、あれは防水対策と防砂対策のどちらなのでしょうか? -- 2009-09-29 (火) 13:13:37
  • AR15系統ならバレルへの異物混入防止では? -- 2012-06-01 (金) 23:12:18
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:09:06 (590d)