BSA ルイス MkI / Lewis MkI 【軽機関銃】

BSA ルイス MkI
全長重量口径装弾数発射形式製造国
1250mm12.15kg7.7mm×56R47/97S/Fイギリス他

 第一次大戦前、アメリカのサミュエル・マクリーンの設計を元に、当時のアメリカ陸軍大佐アイザックN.ルイスが開発した軽機関銃
 しかし母国アメリカでは当初、採用に至らず、軍を辞めたルイス(元)大佐によってベルギーに売り込まれ、1913年に同国軍に採用された。生産は、ルイス氏と契約したイギリスのBSA(Birmingham Small Arms Company/バーミンガム・スモールアームズ・カンパニー)が行い、それから間も無く1915年にはイギリス軍も制式兵器として採用している。

 独特の空冷機構による太いバレルジャケットやフラットパン(平鍋)と呼ばれるドラムマガジンが特徴的。陣地に据える重機関銃が主流の当時、比較的軽量な当銃は歓迎されたが、放熱装置・発射機構が脆弱なため、発砲時に故障することが多かったという。
 銃口付近まで覆ったこの冷却ジャケットは、発砲時のマズルブラストを利用してジャケット内に急速な空気の流れを起こし、これによって銃身を冷やすという発想によるもので、仕組み上、射撃中はジャケットのベントから射手に向かってブラストの熱風が押し寄せる難儀なシロモノだった。そもそも冷却効果があるのか自体疑問視されていたもので、ジャケットなしで車両の機銃として使われたルイスも、砂漠での運用ですら特に問題とはならなかった。航空機用の機銃として搭載されたものを始め、ほとんどのルイスはジャケットが廃止されていき、結局、ジャケットつきのまま使用され続けたのは、当時のイギリス海軍の艦艇に備えられた対空用のルイスのみであった。
 第一次大戦の最中には、アメリカのサベージアームズ社でも生産された。サベージのルイスは、米軍制式の.30-06スプリングフィールド弾仕様と英軍制式の.303ブリティッシュ弾仕様の2種が製造され、カナダとイギリス、そして少数がアメリカ軍に供給された。
 第二次大戦では、後発のより高性能な軽機関銃が各国で登場したことから、予備兵器扱いとなり、ブレンガンへの更新完了まで対空機銃などとして使用された。また、ドイツ侵攻に備えてイギリス本土で組織された防衛隊(ホームガード)でも使用されたという。日本でも輸入されたルイスが「留式」の名で使用され、ライセンスを取得してこれを国産化した九ニ式軽機関銃が、艦艇の対空機銃や航空機の旋回機銃のほか、海軍陸戦隊でも使用されていた。

 第二次大戦頃には既に旧式化していた軽機関銃であり、使用弾薬の.303ブリティッシュも使われなくなって、装備する軍隊は無くなったが、少数ながら民兵の装備として各地の紛争に姿を見せるようになった。1982年のグレナダ侵攻でも、押収されたルイスがアメリカ兵の記念写真に写っている。

登場作品ジャンル使用者備考
A TIME OF WAR 戦場の十字架映画カナダ兵
L.A. ギャング ストーリー項目参照
PEACE MAKER項目参照
アトランティス〜失われた帝国〜映画ローク
アリソン3 下小説列車襲撃犯軍用列車の装備品
ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス項目参照
うる星やつら項目参照
エンジェル ウォーズ項目参照
艦隊これくしょん -艦これ-項目参照
キングコング項目参照
紅の豚項目参照
クロスファイア項目参照
こちら葛飾区亀有公園前派出所項目参照
ザ・トレンチ<塹壕>映画イギリス兵
スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望映画サンドトルーパーブラスター・ライフルのプロップベース
モス・アイズリーにて所持
ストライクウィッチーズ項目参照
誰が為に鐘は鳴る映画ロバート・ジョーダン
独裁者映画床屋
トメニア兵
ドリームバスター漫画マエストロ
長く熱い復讐小説鷲尾進口径30-06スプリングフィールド
鋼の錬金術師項目参照
バトルフィールド 1項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
ハムナプトラシリーズ項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
秘密探偵JA漫画イギリスの刑事「脱走列車」編で使用
メカニック項目参照
宮崎駿の雑想ノート項目参照
優しい鷲JJ漫画流山先生
幼女戦記アニメ共和国軍兵士ブレリオ127爆撃機の二連装旋回機銃
レジョネア 戦場の狼たち項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • これは申し訳無い。雪風ハ沈マズで艦橋から航海士が機銃を指揮する場面が印象的だったもので。よく見ればその前に25mmで対空合戦してました。 -- 2015-01-15 (木) 20:31:04
  • ↑で如月の事を言及した奴だけどこんな話をした一週間後に本当にアニメで如月が撃沈(寧ろ轟沈)されてしまうとは思いもしなかった… -- 2015-01-22 (木) 21:00:34
  • フラットパンマガジンのメリットってあるのかな?作動不良が多そうなのに、なぜ設計者は、フラットパンマガジンを採用したんだろう… -- 2015-08-15 (土) 14:05:31
  • そら当時はベルト給弾の方が評判悪かったし、当時でフルサイズ弾薬用の大容量着脱弾倉っていったらパンマガジンぐらいしかないよ。 -- 2015-08-15 (土) 18:57:38
  • 保弾板よりも信頼性は高いだろうしね -- 2015-08-16 (日) 14:44:53
  • 本文中に冷却ジャケットはほとんど廃止されたとありますが、実際どれくらい軽くなったのでしょうか? -- 2015-12-30 (水) 20:09:50
  • だいたい3kg程度ですね。航空機に機銃として搭載されたものは更にストックをスペードハンドルに換装して本体重量は8kg程度まで減らされたそうです。 -- 2015-12-31 (木) 01:17:10
  • アルミでできてる割には随分重いんですね。驚きました。単純計算だと10kg切るのか。後継のブレンガンが大体9kg弱だからほぼ同じぐらい?クオリティ高いですな。 -- 2015-12-31 (木) 12:11:23
  • BFハードラインにて確認しました -- 2016-03-04 (金) 14:01:15
  • ゼンマイバネとラックアンドピニオンのリコイルスプリングカッコよすぎでしょ -- 2017-05-09 (火) 23:41:13
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-13 (月) 00:22:34 (134d)