タウルス ミレニアム / Taurus Millennium 【自動拳銃】

タウルス ミレニアム プロ M111BP-12
モデル全長重量口径装弾数製造国
PT111156mm530g9mm×1910+1ブラジル
PT132156mm564g.32 ACP
PT135156mm530g.357 SIG
PT138156mm530g.380 ACP
PT140156mm530g.40 S&W
PT145156mm629g.45 ACP
PT745152mm590g.45 ACP6+1

 ブラジルのタウルス社が1998年に開発した護身用自動拳銃
 それまでの同社の自動拳銃は、M92などベレッタ社製品のライセンス生産やアレンジタイプが主流だったが、本銃はダブルアクションオンリーのストライカー式でポリマーフレームを採用するなど、むしろグロック 26シリーズを意識した設計となっている。ただし、同銃独自の安全対策(兼訴訟対策)としてファイアリングピンブロック、マニュアルセイフティ、タウルス独自のキーによるロック機能などが追加されている。
 また、スライドの素材にスチールやステンレスの他、チタンを採用しているのも特徴。チタンはステンレス並みの耐蝕性を備えながらもスチールの約半分の質量であり、銃全体の軽量化やリコイルショックの軽減に貢献している。従来、チタンは高価な上に加工も難しかったが、技術の進歩により、近年は小型の銃火器への応用も進みつつある。タウルス社は特に導入に熱心で、チタン製リボルバーなどを多数ラインナップしており、ミレニアムもこの流れに乗った製品である。
 安価ではあるが性能は比較的高く、AWBによる装弾数規制もあってアメリカでの人気も高い。
 ただし、金属性スライドとポリマー製フレームの兼ね合いで、撃発500発を超えた辺りでフレームにひびが入ったりピンが折れるなどの破損が報告されており、耐久性については問題があると言われている(ただし護身用としては十分であり、本来スポーツに使うような銃ではない)。

 2003年には、より操作性を追求したデザインとなった『ミレニアム プロ』が登場。一部のモデルではシングルアクションのバリエーションが追加されており、AWB失効後には9mmx19と.380ACPモデルにおいて12発の装弾数を持つバリエーションが追加されている。ただ、現在は何故か同社のホームページからチタンスライド製品が削除されてしまっている。
 後に同社はこれをベースに新型自動拳銃のPT24/7を開発した。

登場作品ジャンル使用者備考
96時間項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照

このページの画像はTAURUS USA社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/タウルス ミレニアム?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:08 (1632d)