レミントン R5 RGP / Remington R5 RGP 【突撃銃】

R5 RGP
モデル全長(銃床展開時)重量口径装弾数発射形式生産国
(10.5インチモデル)688mm(768mm)2.98kg5.56mm×4530+1S/Fアメリカ
(14.5インチモデル)777mm(863mm)3.16kg

 R5はアメリカのレミントンが発表したAR系突撃銃である。RGPはRemington Gas Pistonの略で、その名のとおり、ショートストロークのガスピストン作動を採用しており、既存のM4やM16をアップグレードすることを目的とした、ARクローンの発展型である。2010年の発表時には、"レミントン R4 GPC(Gas Piston Carbine)"の名称であったが、のちに"R4"はガス直噴式の従来型ARクローンの製品名となり、ピストン作動の本銃は"R5"とされた。

 レミントンではR5のガスピストンは、レギュレーターを使わずとも最適な駆動を約束する高い信頼性と耐久性を持つガスシステムだとしている。バレルは冷間鍛造のメロナイト仕上げ。銃身長14.5インチと10.5インチのモデルがそれぞれ用意され、交換の場合は専用ツール無しで5分以内に行うことが出来るとしている。銃口部にはAAC社製のブラックアウト・フラッシュハイダーが装着されている。
 通常分解はツールなしで行え、フォアエンドとモノリシック(一体化)なアッパーレシーバーは、従来型ARライフルのロワーレシーバーに装着することも可能である。フォアエンド部はフリーフローティングで、45度ごとの各面に、5段階の長さのレールを装着することが出来る。チャージングハンドルは、ロックリリースレバーを両サイドに設けたアンビとなっている。

 またレミントンは、従来型ARライフル用の新型ロワーレシーバーも準備中であり、今後同社のR4、R5のコンプリートモデルをこの新型ロワーに差し替えていくようだ。2013年のショットショーで披露されたこの新型ロワーは、AR用パーツで知られるメガアームズ社によってレミントン用に作り起こされたもので、操作系がフルアンビデクストラウスとなり、スリングスイベルのQDマウントが追加されている。

 2014年時点で14.5インチ以上のバレルが用意されておらず、セレクティブファイアモデルしかないところを見ると、セールスは主に軍・法執行機関もしくはNFAウェポン市場に絞り込まれているようだ。

登場作品ジャンル使用者備考
Alliance of Valiant Arms項目参照
ゴーストリコン ワイルドランズ項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照

このページの画像はRemington Defenseから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • やっと記事がきたか、結構この銃好きだわ -- 2014-06-09 (月) 00:28:18
  • アンビの下りが削られたみたいけど公式が配ってるカタログ見た? -- 2014-06-09 (月) 01:26:49
  • それともカタログの記載が古いのかな -- 2014-06-09 (月) 01:27:55
  • 最近アンビ化されたみたいだから、情報が混ざってるんだと思う。2014カタログだとアンビになってるけど、2012は片側だけだった。 -- 2014-06-09 (月) 02:32:20
  • 軍や法務機関での採用はされてるんでしょうか? -- 2014-06-14 (土) 18:36:40
  • されてないですね。レミントンディフェンス系のACRなんかも含む新製品は今フリーダムグループの編成と工場の総移転計画が始まってるので、そもそも生産体制自体まだ整ってないようです。 -- 2014-06-14 (土) 18:41:32
  • 色合いとか、どことなく近未来的なイメージ -- 2014-06-22 (日) 14:34:37
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-26 (水) 12:38:15 (119d)