RSAFエンフィールド XL64 / RSAF,Enfield XL64 【突撃銃】

NOW PRINTING
全長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
770mm3.89kg4.85mm×4920?発/分S/Fイギリス

 イギリスのエンフィールド造兵廠製の試作ブルパップアサルトライフル。「SA80 IW(インディビジュアル・ウェポン)」や「4.85 IW」とも呼ばれる。
 1950年代、ブルパップデザインと小口径弾の実用性を予見したイギリス軍は、.280ブリティッシュ弾を使用する試作ブルパップライフル「EM-2」を開発する。しかし、NATO軍の制式弾薬がアメリカ側の圧力で7.62mm×51弾に決定したことで状況は一変。元々小口径弾での運用を前提としていたEM-2では、強力なフルサイズライフル弾である、7.62mm×51弾を使用することができず、開発は頓挫。結局イギリス軍は、FALのライセンスモデルであるセミオートマチックライフル「SLR(制式名L1A1)」を採用することになる。

 7.62mm×51弾がNATO軍の制式弾薬に決まったのも束の間。1960年代、ベトナム戦争で苦い経験をしたアメリカは、あっさり小口径弾と新型ライフルM16に方針転換する。この状況を見ていたイギリスは小口径弾の研究を再開するが、同じ轍は踏まないとして、独自に4.85mm×49弾を開発。1972年、この新弾薬を使用する試作ブルパップライフル「XL64」が完成した。ただし、作動機構は独自のものではなく、アメリカ製のAR18を参考にしている。軽機関銃モデルの「XL65」や、左利き用の「XL68/69」といった試作型が作られる中、ベルギーが開発した高性能小口径弾"SS109弾"が登場。そこで、エンフィールド造兵廠の技術者は、4.85mm弾を諦め、この新弾薬に対応したXL70(軽機関銃モデルはXL73)の開発を始める。

 結局、XL64やXL70は試作止まりで制式採用されることはなく、紆余曲折を経て実用化に至ったのがL85A1(SA80)であった。

登場作品ジャンル使用者備考
AKIRA映画ネオ東京アーミー兵
The Punisher (MAXレーベル)漫画壁に掛けてある
カバーイラスト
うぽって!!項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
ルパン三世項目参照

コメントはありません。 Comments/突撃銃/RSAF XL64?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-03 (火) 08:38:46 (326d)