FBP m/948 【短機関銃】

m/948
モデル全長(/銃床縮小時)銃身長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
m/948810/630mm250mm3.8kg9mm×1932/36500発/分Fポルトガル
m/963850/660mm250mm3.1kg9mm×1932/36600発/分S/F
m/976850/657mm250mm3.12kg

 ポルトガルのFBP(Fábrica de Braço de Prata…ブラソ・デ・プラタ工廠)においてフランシスコ・ゴンサルベス・カルドーサ陸軍少佐によって1940年代に開発された短機関銃。1948年よりポルトガル陸軍に採用され、1963年にはセミオートモードの追加等の改修を受けてm/963となり、UZIm/961の伸縮ストックバージョン等が採用される1980年代までの間使用された。なお、1976年には冷却のためのバレルスリーブなどを備えた近代化モデルが設計されたものの、量産は行われなかった。

 作動方式はシンプルブローバックで、撃発はオープンボルトで行う。ボルト周りなどの内部設計はMP40を、伸縮式のストックはM3グリースガンを参考にしている。短機関銃としては珍しい点として着剣ラグを備えており、m/1904用の銃剣を装着できるようになっているモデルも存在する。

登場作品ジャンル使用者備考
24:Redemption
オペレーションG.G.項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今のところ英仏葡ウィキペディアとモダンファイアアームズが情報源です。ポルトガル原産の銃って珍しい、珍しくない? -- 43? 2016-02-29 (月) 03:36:52
  • Gew98の銃剣で?ってなったけど、着剣ラグが有るのと無いモデルがあるのな。 -- 2016-02-29 (月) 06:17:39
  • 新記事作成お疲れ様です。 ところで件のドラマでは、誰がどんな場面で使用していたのか興味があります。 -- 2016-02-29 (月) 10:56:27
  • おお、ついにこいつもMEDIAGUNに。お疲れさまです。本国で不要になったあとは、南アフリカの方でよく使われたのか、モザンビークやローデシア関連でもよく見られますね -- 2016-02-29 (月) 18:27:38
  • ↑2 恐らくですが、ゲリラの子供が持っていた奴だと思います。 -- 2016-02-29 (月) 18:30:20
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:04:07 (1740d)