64式微声冲鋒槍 【短機関銃】

64式微声冲锋枪
全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
633(832)mm3,285g7.62mm×25SS15/30800発/分S/F中国

 1960年代の中国で、当時の兵器工廠において偵察部隊などの特殊部隊向けに開発された、サイレンサー付き短機関銃
 64式・67式微声手鎗と同じく、サイレンサーは着脱式ではなく、バレルと一体化されている。機関部はAK47、サイレンサー部分は第二次大戦時にアメリカから国民党政府に供与されたM3サイレンサー モデルを参考にした、いわば『東西折衷』型。サイレンサーはかなり凝った構造で、ライフリングの溝に沿って小さな穴が多数空けられており、発射ガスをバレル途中からも抜いて消音効果を高めている。またAK系のメカニズムを持つため、当時の短機関銃としては珍しくクローズドボルトで撃発する。
 使用弾薬は54式手槍と同じ7.62mm×25弾。通常弾でもある程度の消音効果があるが、専用の亜音速弾(サブソニック弾)を使用することで、より高い消音効果を得ることができる。この亜音速弾は弾頭が緑色に着色されており、通常弾と一目で区別できるよう工夫されている。亜音速弾使用の場合、発射音は80デシベル以下にまで抑えられる。

 採用から既に40年以上という大ベテランだが、老兵は死なず。67式微声手槍共々、現在でも中国の特殊部隊で使用が続けられているほか、海外への輸出も行われているようだ。


このページの画像はENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 『冲锋枪』の字が特殊なので、正式な呼称ではありませんが、ページ名は『短機関銃』としました。 -- MA-08S? 2006-08-03 (木) 18:45:50
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-27 (月) 03:28:24 (58d)