レミントン ローリングブロック銃 / Remington Rolling Block Rifle 【小銃】

M1867/96 デンマーク軍モデル
モデル全長重量口径装弾数製造国
レミントン製モデル
(詳細モデル名は不明)
1280〜1350mm4.2kg.30-06 Springfield
.43 Spanish
.45-70 Government
.50-70 Government
7mm×57 Mauser
8mm×50 Lebel
8mm×58 Danish Krag
12.17mm×42
1アメリカ
M18671353mm4.32kg8mmx58 Danish Krag
10.15mm×61 Jarmann
12.17mmx42
12.17mmx44
1スウェーデン
ノルウェー
M1867(カービン)860mm2.88kg
M1870
M1871
?mm?kg.50-70 Government1アメリカ

 ローリングブロック銃は、1860年代から1900年頃までアメリカのレミントン社が製造していた後装式小銃である。ローリングブロックというブリーチ(銃尾)閉鎖機構を持つためこの名称で呼ばれる。シングルショットというシンプルな構造だが、大口径の弾薬が使用可能。初期は黒色火薬カートリッジが主だったが、1880年後半に登場した高威力の無煙火薬カートリッジも使用できる。

 コンプリートモデル以外にも、多くの既存の小銃がローリングブロック式にコンバートされた。この機構を持つ最初の軍用小銃としては、スウェーデン軍とノルウェー軍の制式銃に採用された「M1867」が有名である。1866年、スウェーデンとノルウェー(当時は、スウェーデン=ノルウェー連合王国)は、両国の新たな軍用小銃を選定するトライアルを開始した。レミントン社以外に、ヘンリー銃スペンサー銃シャープス銃レバーアクションのピーボディ銃、ニードル銃などが提出された。最終的に、価格と部品点数の少なさからレミントン製のローリングブロック銃に決まった。
 レミントン社が最初に製造したコンプリートモデル1万挺とコンバーションキット2万個を除いて、全てのM1867はスウェーデンとノルウェーでライセンス生産された。スウェーデン製造モデルの名称は、gevär m/1867。また、元からスウェーデン軍に配備されていた前装式小銃のm/1860と後装式小銃のm/1864は、同じ口径(12.17mm)だったのでローリングブロック機構を組み込むのに適しており、それぞれgevär m/1860-68とgevär m/1864-68にコンバートされた。カービンモデルは、karbin m/1870とkarbin m/1864-68-85。ノルウェーではフルサイズ以外にも、M1867をカービン化したM1888とM1891も作られた。
 1880年代にノルウェー製のJarman 1884に置き換わるまで、スウェーデン軍は1867年から1890年頃まで、ノルウェー軍は1867年から1883年までM1867を制式採用していた。他にも、スペイン軍やデンマーク軍も同様の銃を使用していた。

 また、アメリカ軍もローリングブロック銃を採用している。海軍モデルのM1870と陸軍モデルのM1871で、共に.50口径の弾薬を使用する。レミントン社とのロイヤリティ契約が結ばれ、スプリングフィールド造兵廠で製造された。

登場作品ジャンル使用者備考
Lead and Gold: Gangs of the Wild Westゲームトラッパースコープ装着
サハラに舞う羽根映画アブー・ファトママフディー教徒から強奪
マフディー教徒
トレマーズ4項目参照
真昼の死闘映画ホーガン
メキシコ人ゲリラ
レッド・デッド・リデンプション項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ペデルソリがローリングブロックのレプリカモデルを生産してたっけ? -- 2017-07-26 (水) 18:24:17
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:05:09 (1657d)