コルト パターソン / Colt Paterson 【回転式拳銃】

パターソン 初期型
モデル銃身長全長重量口径装弾数製造国
テキサス・パターソン7.5in349mm1.2kg.36口径5アメリカ

 パターソンリボルバーは、サミュエル・コルトが設計したパーカッションシングルアクションリボルバーである。氏の最初の商品であると共に、リボルバー機構を備えた連発式小火器としては、初めて民間向けに販売された、歴史的な拳銃である。
 コルトは、ニュージャージー州パターソン市(銃の名称の由来でもある)に自身の最初の会社であるパテント・アームズ・カンパニーを構え、1836年から1842年までにパターソンを2,350挺を製造した。しかし、業績が悪化し、同社は一度は倒産してしまう。その後、債権者で事業提携者のジョン・エーレルスが引き継ぎ、1847年まで500挺を製造した。
 パターソンは、口径別(.28口径から.36口径)やサイズ別(ポケット、ベルト、ホルスター)で複数のバリエーションが存在する。なかでも.36口径の“ナンバー5 ホルスター(別名:テキサス・パターソン)”は、パターソンを代表するモデルで1,000挺が製造された。

 パターソンは後の多くのリボルバーと違い、フォールディングトリガーという本体内蔵式のトリガーを備えている。これはハンマーコックすると、本体に折り畳んであるトリガーが下がり使用可能になるユニークな機構である。また、使用済みの雷管を取り外しやすいよう、ニップル(シリンダー後部にある、雷管を装着するための接管)が収まっているシリンダー側面に切り抜き窓が設けられた。

 装填の一連の流れとしては
1:ハーフコック状態にして、シリンダーをフリーにする
2:銃身を固定している楔を外して、中央軸から銃身とシリンダーを引き抜く
3:各薬室に火薬と弾を込め、専用ツールや棒などで押す(その後、ワックスやラードで薬室口に封をする場合もある)
4:銃身とシリンダーを元に戻して、ニップルに雷管を装着する

 1836〜1838年間に製造された初期型には、撃発機構に安全装置は存在せず、ハンマーレストの状態ではハンマーは雷管に接しており、何かの衝撃で暴発する危険性があった。そのため装填済みで携行する時は、ハーフコックにするか、1発のみ装填しないでおく対処法が取られた。また、後に登場するコルト M1851レミントン M1858と違い、銃本体にローディングレバーが組み込まれていなかったため、装填の際には部分的な分解が必要だった。ローディングレバーが追加されて分解不要となったのは、1839年以降に製造された後期型からである。

登場作品ジャンル使用者備考
ジェシー・ジェームズの暗殺映画ディック・リドルローディング・レバー付き
ロバート・フォードのもの
スーパーナチュラルドラマウィンチェスター兄弟初期型
劇中名称“コルト”
エングレーブ仕様
悪魔退治用の銀の弾丸を使用
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
マスク・オブ・ゾロ項目参照
魔都紅色幽撃隊ゲーム主人公
山河 虎次郎
ゲーム中名称「コルトナチュラル」
ゲームでのデザインはコルト ウォーカーコルト ドラグーンの方が近い
ロンサムダブドラマロスコ・ブラウン

このページの画像はウベルティ・ファイアアームズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/回転式拳銃/コルト パターソン?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:06:49 (1384d)