バレット REC7 / Barrett REC7 【突撃銃】

バレット REC7
全長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
845mm3.5kg6.8 SPC
5.56mm×45
30750発/分S/Fアメリカ

 アメリカのバレット社がAR15/M16シリーズ及びM4をベースに開発した突撃銃(または交換キット)。これまではM468の名前で知られていたが、最近になってREC7(Reliably Enhanced Carbine/高信頼性強化カービン)の名前に変更された。
 銃自体の他にもアッパーレシーバー/バレルアセンブリにボルトグループ、マガジンのみの交換キットも販売されており、M16/M4系ライフルの該当部分を交換する事でREC7へと換装する事ができる*1

 本銃の最大の特徴は、使用弾丸をM16/M4等で広く使われている5.56mmx45弾から、USSOCOMの要請によりレミントン社が開発した新型小銃弾である6.8mm 
SPC(6.8mm×43)弾を使用している点にある。6.8mm弾は全長こそ5.56mm弾と同サイズだが、弾丸重量は5.56mmが60gr前後(約3.9g)に対して6.8mmは115gr(約7.45g)とほぼ倍の重さを持つ。そのため威力は群を抜き、アフガニスタン侵攻やイラク戦争時に問題となった5.56mmでの長距離射撃時の威力不足の解消と、AK7.62mm×39弾より高い射撃安定性を維持した次世代の弾丸として期待されていた。
 一方で、弾丸の性質からM4系に比べてガスポートの位置を遠くせざるを得ず、カービン銃としてはやや大柄になっている。また、ガス圧利用作動を、AR15/M16系のガス直噴方式からショートストローク・ガスピストンに変更している。

 なお、値段はかなり割高な2,399ドル(M4の3倍ほど)。


このページの画像はBARRETT FIREARMSから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


動画


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 結局駄目だったの?この弾丸。一時期はかなり有名だったのに最近は全く聞かなくなりましたね。 -- 2015-11-10 (火) 09:06:40
  • その弾丸を撃つための銃にするキットというのことでしょうか? -- 2015-11-10 (火) 10:20:25
  • 6.8mmはwikipediaみりゃ分かるけどデメリットが大きいのにメリットが少なすぎるんだよ -- 2015-11-10 (火) 10:32:04
  • 横から失礼、それはつまり米軍の計画ごとお蔵入りしたと? -- 2015-11-10 (火) 11:30:14
  • あたぼうよ  6.8なんて中途半端だし色々無駄なんだよ  今まで通り5.56mmと7.62mmの併用で十分 -- 2015-11-10 (火) 12:29:06
  • 6.8なんて使うくらいなら5.56mm銃に合わせて改良した方が良いからな -- 2015-11-10 (火) 12:29:48
  • ↑×3一応民間ではもの好きが買う程度には存続してる -- 2015-11-10 (火) 12:35:46
  • 性能の口径に5.56mmと6.8mmが入っているのは両方使えるということで良いんでしょうか? -- 2018-06-17 (日) 20:20:09
  • バレルさえ交換すればな -- 2018-06-17 (日) 22:36:20
お名前:


*1 というより6.8mmSPC弾が「M16/M4系の銃に少し改造を加えるだけで撃てる事」を意識して設計されており、交換キットが本来の姿である。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-06 (火) 23:39:57 (844d)