テキサスタワー乱射事件

 1966年、テキサス大学構内の時計塔から、多数の通行人が無差別に銃撃された銃乱射事件。

 テキサス州オースティン市、8月1日11時ごろ。犯人チャールズ・ホイットマン(Charles Whitman)25歳は、テキサス大学の中心にそびえる高さ90メートルの時計台『テキサスタワー』に、様々なものが詰まった重い数個のバッグを台車で運んでいた。バッグの中身はレオポルド社製4倍率スコープ付き.30口径ライフル(レミントン M700)、.30口径の軍用カービン銃(ウィンチェスター M1)の他、9mmのオートマチック(ルガー P08)と.357マグナムのリボルバー(S&W M19)、12ゲージソードオフした散弾銃、レミントン製.35口径ポンプアクション・ライフル、口径6mmのライフル(いずれも詳しい銃種は不明)などの銃器と弾薬。ナイフ数本、ハンマーなどの工具類、さらには籠城と空腹に備えて、食料(サンドイッチ、菓子類、コーヒーに水の入った水筒)まで用意していた。同校で建築学を学んでいた彼は疑われることもなく校内に入り11時半にはエレベーターでタワーの受付に着いた。

 不運な受付嬢をライフルの銃床で撲殺した後、展望台にいた民間人を追い出してバリケードを構築したホイットマンは最上階に登ってきた観光客の家族に散弾銃の銃撃を加えて2人をまず血祭りに上げ、最上階の展望台に陣取り、正午の時報が鳴る直前11時48分、眼下の何も知らぬ通行人を手当たり次第に撃ち始めた。
 海兵隊出身のホイットマンの射撃は恐ろしく正確で、しかも冷酷だった。妊婦は腹部を銃撃され、胎児の頭が撃ち抜かれた。その女性を助けようと駆け寄った青年までが撃たれて即死。400m先の本屋で立ち読みしていた学生が撃たれ、500m離れた柱の陰に隠れていた警官も射殺される。わずか96分間の間に、14人が死亡、30人が負傷する大惨事となった(胎児を含む11人の通行人と、展望台の観光客2人、受付嬢、妻と母親の計16人死亡とする資料もある)。
 警官隊は狙撃手を乗せた軽飛行機で時計台に接近、塔の上部にはホイットマン一人しかいないことを確認するも、直後にカービン銃の銃撃で撃退されてしまう。警官隊は排水路を通って地下から接近する作戦を立案。散弾銃と拳銃で武装した2人の警官が一人の民間人(案内が必要だった)と共にタワーへの潜入に成功。射撃を続けていたホイットマンを急襲し、6発の拳銃弾と散弾銃の1発を浴びせてホイットマンを射殺、ようやく惨劇に終止符を打った。

 ホイットマンは既に前日の夜、自分の母親マーガレットと24歳の妻キャシーをナイフで殺害していた際、遺書を残していた。
 事件の詳しい動機などはよくわかっていないものの、彼は晩年、精神障害(脳腫瘍が原因とされる)にかかっていたとされ、それが犯行に及んだ原因ともされている。

 この事件がアメリカ社会に与えた衝撃は大きかった。例によって銃規制の強化策は実らなかったものの、前年8月に発生したワッツ暴動とこれを契機に武装犯・凶悪犯に対抗するため、LAPD(ロサンゼルス市警察)をはじめ全米の警察機構でSWATが組織されることとなった。
 また、1975年に再現ドラマ『パニック・イン・テキサスタワー(原題;The Deadly Tower)』が制作されたほか、1976年公開の『パニック・イン・スタジアム(原題;TWO-MINUTE WARNING)』など、この事件にインスパイアを受けたメディア作品も数多い。映画『フルメタル・ジャケット』や、コミック『ブラック・ラグーン (単行本2巻)』などでも、セリフの端にホイットマンの名が上っている。


コメントはありません。 Comments/テキサスタワー乱射事件?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-28 (金) 21:44:18 (271d)