AMT バックアップ / AMT Back Up 【自動拳銃】

ハイスタンダード バックアップ .380ACP DAO
モデル全長重量口径装弾数作動方式製造国
127mm400g.22 LR7+1SAアメリカ
380(380DAO)127mm510g.380 ACP5+1
6+1
SA(DAO)
146mm709g9mm×19
.38 Super
.357 SIG
.40 S&W
.400 Corbon
6+1
6+1
5+1
5+1
5+1
DAO
45(45DAO)146mm652g.45 ACP5+1SA(DAO)

 1980年代後半にAMT社から発売された小型自動拳銃
 ハンマーレス、ピンのはめ込みによる組み立て、約2.15mmの溝によるオープンサイト、全体的に丸みを帯びたデザインなど、取り出し時の引っ掛かりを極力抑え、緊急時に速射できるよう設計されている。ファイアリングピンセーフティや、装弾の有無を確認する点検窓などの標準的な機構も備えており、全長が短いにも拘らず命中精度に関しての評判も悪くない。
 .380ACPモデル以下がスモールフレーム、それより大きいものはラージフレームを使用している。様々な口径があるが、コンパクトさを追求した.380ACPモデルと、一撃で相手を無力化する.45ACPモデルが人気だった。
 難点はAMT社らしく、総ステンレススチール製で護身用には重いこと。また、ピンで組み立てられているため分解には手間が掛かり、メンテナンス性も悪い。

 当初は.22LR,.380ACP,.45ACPのシングルアクションオンリーモデルのみで、トリガーガード後方にマニュアルセイフティと、グリップ後方にグリップセーフティが設けられていた。
 その後1992年に発売されたダブルアクションオンリーモデルではセイフティが廃され、トリガーの形もダブルアクション用の一般的な物に変更されている。同時に、様々な弾薬に対応した各モデルも次々と発表されていった。
 しかし1990年代後半に、軽量で信頼性の高いグロック 26シリーズが登場したため、サブコンパクトの地位を失ってしまった。

 尚、.380ACPマガジンにおいて、フィンガーエクステンションが付いていないタイプは装弾数が1発増える。

登場作品ジャンル使用者備考
攻殻機動隊項目参照
スポーン項目参照
中国の野望小説フィリックス
ニキータ項目参照
ファントム オブ インフェルノ項目参照
ブレイキング・バッド項目参照

このページの画像はHigh Standardから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 コメント/AMT バックアップ?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:08:28 (591d)