マドセン M50 (M1950) / Madsen M50 (M1950) 【短機関銃】

M1950 後期型
全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
756(527)mm3500g9mm×1932500発/分S/Fデンマーク

 デンマークのダンスク・インダストリ・シンディカット(マドセン)社が開発した短機関銃。元々は第二次大戦後にデンマーク軍向けに開発されたM46を改良したモデルで、1950年に発表されたため「M1950」とも呼ばれる。
 最大の特徴はプレス加工で製造されたレシーバーで、メンテナンスの際には折り畳み式のショルダーストックを蝶番(ちょうつがい)にして、左右に「パカッ」と分割して広げることができる。マガジン(弾倉)に弾丸を装填するときに使うローダーも、この左右分割式のレシーバー(グリップ)の中に収めている。
 また、フォアグリップ代わりに使うマガジンの後方にはグリップセイフティが設けられており、これを握らない限り発射できない仕組みになっている(つまり、片手で撃つことはできない)。

 M50はホービア m/49に敗れてデンマーク軍の制式とはならなかったが、デンマーク警察が採用した他、ブラジル、エルサルバドル、ベネズエラ、タイなどに多数が輸出され、一部ではライセンス生産も行われた。ブラジルでは.45ACP弾モデルも生産されている。
 その後、マドセンはさらに改良を加えたM53、Mk.IIなどを開発したが、こちらはあまり成功せず、以後マドセンSMGの系譜は途絶えている。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
Fate/stay night [Unlimited Blade Works]アニメ20話
回想シーン
死体の上に転がっていた
X-MEN:ファースト・ジェネレーション項目参照
アドルフに告ぐ漫画アドルフ・カミル
エリート・スクワッド項目参照
オペレーションG.G.項目参照
ゴッドファーザー映画ヒットマン
ゴッドファーザー PART II映画襲撃者
猿の惑星項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
スタートレック項目参照
ハバナの男たち項目参照
ブラック・サンデー映画ダーリア・イヤッド
山猫は眠らない3項目参照
ワイルド・ギース項目参照

画像"m1950.jpg"はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「007/ダイヤモンドは永遠に」でもスペクターが使用していましたね。 -- mm9? 2013-12-27 (金) 23:00:42
  • 潜航大作戦とマットヘルムシリーズに登場してましたね -- Iver Johnson? 2014-12-26 (金) 20:59:32
  • TVアニメ「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」の第20話に登場。アーチャーの過去回想内。発砲シーンなし。死体の上に転がっています。アーチャーのセリフからすると、 その死体が生きているときに携行していたものでしょう。 -- 2018-12-28 (金) 04:58:04
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-28 (金) 06:25:31 (55d)