ロス・ステアー M1907 / Roth-Steyr M1907 【自動拳銃】

ロス・ステアー M1907
全長銃身長重量口径装弾数製造国
230mm130mm (5.1in)1,030g8mm Roth-Steyr10+1オーストリア=ハンガリー帝国

 M1907は、オーストリア=ハンガリー帝国が1909〜1945年に使用していた、ストライカー方式の自動拳銃である。

 作動方式はショートリコイル、閉鎖方式はロータリーバレル。可動式のスライドを有しておらず、本体後部のボルトノブを引くとストライカーをハーフコック、トリガーを引き切るとフルコックされるという仕組みである。
 マニュアルセイフティは無く、代わりにトリガープルが重く設定されている。軍用拳銃として設計されているので、グリップ底部にはランヤードリングが付いている。グリップ内に固定式の弾倉があり、マウザー C96と同じように本体上部からクリップで給弾する。

 1900年、弾薬会社で働くゲオルグ・ロスとカレル・クルンカの両名が設計を行った。1906年に実施されたオーストリア=ハンガリー帝国軍の制式拳銃トライアルにおいて、M1907の名称で採用が決定される。彼らの会社は銃器製造の設備を持っていなかったので、同国政府が銃のパテントを買い取り、オーストリアのŒWG(Österreichische Waffenfabriksgesellschaft:オーストリア兵器工場共同体、の意。後のステアー・マンリッヒャー社)と、ハンガリーのFÉG(Fegyver és Gázkészûlékgyár。兵器および機械工場株式会社、の意)の2社に製造を発注している。1908〜1914年に99,000挺が製造された(ŒWG製の軍納入数は59,334挺、FÉG製の軍納入数は38,213挺、残りは民間市場で販売)。オーストリア=ハンガリー帝国以外にも、ユーゴスラビア、イタリア、チェコ、ポーランドなどでも使用された。
 一般的に「ロス・ステアー M1907」または「ロス・クルンカ M.7」の名称で知られているが、ステアー社(ŒWG)は直接的には設計には関わっていない。

登場作品ジャンル使用者備考
E-RingTVドラマブルンジ民兵シーズン1・第4話
Яков Свердлов映画革命派
Rozpuštěný a vypuštěný映画トラクタ
SF地球滅亡の危機
アインシュタイン暗殺指令
映画デヴィッド・ムーア博士
フランク・ペック博士
ZINGY項目参照
デッドフォール アドベンチャーズゲームジェームズ二挺拳銃
幼女戦記アニメダキア大公国軍将官

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんかスライドだけ見ると一昔前のSF作品の光線銃みたいですね -- 2016-08-26 (金) 10:10:57
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-10 (金) 17:25:58 (1028d)