コルト トルーパー / Colt Trooper 【回転式拳銃】

コルト トルーパー 1st Model
モデル全長重量口径装弾数製造国
.357MAG.357 Magnum6アメリカ
Mk-III.357 Magnum
.22 Magnum
Mk-V.357 Magnum

 コルト社が1953年に開発した、同社初の357マグナムリボルバー
 当初『.357MAG』の名で発売されたが、直後に同じ357マグナムの傑作リボルバー・パイソンが登場したことで、やや影の薄い存在となってしまった。それでも、1961年からは『トルーパー』(州警察官)と名を変え製造が続けられていた。

 1969年には改良が加えられて『トルーパー Mk-III』となり、同社のローマンと共に1983年まで製造された。外見ではソリッドリブと、SW M19のようなバレルシュラウドを持つのが特徴で、内部ではローマンと同じく、新型のトリガーメカニズムとセイフティ・コネクターが組み込まれている。
 Mk-IIIのバリエーションとして、.22マグナムを使用するモデルもある。また、当時登場間もないレーザーサイトを装備したモデルも一時発売されていた。
 新機構を搭載したトルーパーと精度の高いパイソンのバレルを組み合わせた"Troopon"といったカスタムモデルも存在する。

 1982年には更に改良が加えられた『トルーパー Mk-V』が登場。同社のパイソンのようなベンチレイテッドリブを装備し、トリガーメカニズムの改良によってダブルアクションが多少スムーズになっている。しかし、4年後の1986年には製造中止となってしまい、キングコブラへと交替する。
 Mk-Vのバリエーションとして、廉価版(銃表面のバフ磨き鏡面仕上げを省略)の『ピースキーパー』が存在する。また、パイソン ハンター風に8インチバレルとスコープを装備した『ホワイトテイラー(Whitetailer)』というモデルもあった。
 上記の"Troopon"と同様の組み合わせで、Mk-Vのフレームにパイソンのバレルを組んだ『ボア』も限定発売されている(4インチ、6インチモデルがそれぞれ600挺ずつ)。

 余談だが、なぜモデル名の数字が『Mk-III』からいきなり『V』に飛んでいるのか、理由は定かでない。一説には『Mk-IV』の商標が、既に他の商品(自動車のリンカーン マーク4?)に押さえられてしまっていたからだと言われている。

作品名ジャンル使用者備考
LAWMAN項目参照
狂い咲きサンダーロード項目参照
合法都市漫画レジャナーヤ・カラレーヴァ
ゲッタウェイ項目参照
ダーティハリー項目参照
太陽にほえろ!項目参照
特捜刑事マイアミヴァイス項目参照
パトカー・アダム30TVドラマT・J・フッカーMk-III4インチ
バトル・ロワイアル項目参照
バキ外伝 疵面項目参照
ブラックライト項目参照
マーダーライセンス牙&ブラックエンジェルズ漫画フィリピンの警官
遊星からの物体X項目参照
ロボット刑事特撮09
ワイルダネス項目参照
ワイルド7項目参照

このページの画像はHorst Held Antique Handguns社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS