アーセナルファイアアームズ AF2011-A1 / Arsenal Firearms AF2011-A1 【自動拳銃】

AF2011-A1 セカンド・センチュリー
モデル全長重量口径装弾数製造国
セカンド・センチュリー220mm1850g.45 ACP8+8+2イタリア
デュエラー260mm2000g
デュエラー・プリズマティック260mm2000g
AF2011-A1 デューラー・プリズマティック
 

 AF2011-A1は、イタリアのアーセナルファイアアームズ社が開発した、ダブルバレルを備えた1911クローンである。

 外観は2挺の1911を左右で貼り合わせたようなデザインだが、2挺作ってから貼り合わせている訳ではなく左右一体で形成する形で一から設計されている。トリガーとハンマーは2つずつあるが、連結されているため片方を操作するだけで2発同時に発射される。排莢孔は左右対称のデザインで、アイアンサイトは1つのみである。2本の弾倉は底部のマガジンプレートで連結されている。内部パーツの幾つかは、通常の1911のものと互換性がある。
 表面仕上げは、ブルーイング/ステンレス/マットブラック/デュアルトーン。

 同社によると、ダブルバレルピストルの構想は、スイス人銃器デザイナーのヴィヴィアン・ミューラーが製作したカスタムピストルに影響を受けたとされている。これは、2挺のシグ P210を溶接したハンドメイド品で、全体がエングレーブ仕様の金メッキ加工・トリガーガードが切除されたものだった。

バリエーション

モデル特徴
セカンド・センチュリースタンダードモデル
デュエラー6.5インチのステンレス・スチールバレル(先端にはガスポート)
ロングスライドにはカスタムセレーション(フロントにもあり)
ビーバーテイル・グリップセイフティ。カスタムトリガー
デュエラー・プリズマティックデュエラーの仕様に加え、ガスポートの大型化、及びバレル先端以外にもガスポート追加
スライド上部が平らになり、ガスポート用の切り抜きが設けてある
DBDC タクティカルDBDC(Double Barrel Dual Caliber)
左右で異なる口径としたモデル
高速弾の.38スーパー弾と、亜音速弾の.45ACP弾が同時に発射され、50ヤード先までなら同じ箇所に時間差で着弾する仕様。
メーカーによれば「.38スーパーの当てやすさに.45ACPのストッピングパワーを併せ持つ」とのこと。
 
登場作品ジャンル使用者備考
007 スペクター項目参照
バイオハザード(映画)項目参照

このページの画像はアーセナルファイアアームズ社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-22 (土) 22:25:39 (820d)