ザウエル&ゾーン 38H / Sauer & Sohn 38H 【自動拳銃】

38Hの無可動実銃
全長銃身長重量口径装弾数製造国
171mm83mm (3.3in)
91mm (3.6in)
705g.25 ACP
.32 ACP
.380 ACP
8+1ドイツ

 38Hは、ドイツのザウエル&ゾーン社が1938〜1945年に製造していた、ダブルアクション式の自動拳銃である。
 モデル名にある"H"とは、ハンマーレスを意味する(実際は内蔵式ハンマーで撃発)。

 作動方式はシンプルブローバック。スライド左側後部にマニュアルセイフティトリガーガード左側後部にデコッキングレバーマガジンリリースボタンを備えている。また、マガジンセイフティも付いている。戦後は、マニュアルセイフティやデコッキングレバーを廃止したモデルも開発された。

登場作品ジャンル使用者備考
Hrísní lidé mesta prazskéhoTVドラマムラゼク
Otkradnatiyat vlak, Russian title Ukradennyj poezd映画ドイツ大使ニッケルフィニッシュ

このページの画像はArundel Militaria*1から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/自動拳銃/ザウエル 38H?

お名前:


*1 無可動実銃を販売しているイギリスの会社。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-14 (水) 00:05:11 (2728d)