ブレダ M30 / Breda Modello 1930【軽機関銃】

ブレダ M30
全長銃身長重量口径装弾数発射形式連射速度製造国
1,230mm500mm10.6kg6.5×52mmカルカノ20F500発/分イタリア

 ブレダ M30(伊:Breda Modello 1930)は1930年にイタリアのブレダ社の兵器部門ブレダ・メッカニカ・ブレシャーナ(ブレダ機械ブレシア支部)にて開発された軽機関銃である。当時のイタリア王国軍に制式採用された他、第二次世界大戦中にはドイツ軍に接収され、MG099(i)の名前で使用された。

 作動方式はロータリーロッキングナット式のブローバックで、クローズドボルトで撃発する。バレルは空冷式で、取り替えは容易に行うことが出来る。木製のストックにはショルダーレストが備えられており、下部にはオプションとしてモノポッドを取り付けることも出来た。
 弾薬は6.5×52mmカルカノ弾が用いられた他、より強力な7.35×51mmカルカノ弾を使用するものも製作された。20連発のマガジンは固定式で、クリップで装弾を行った。また、レシーバーカバーの上部にはブラシが内蔵されており、装填前の弾薬に油を塗るのに用いられた。

 M30は他の黎明期の多くの機関銃同様、装填不良や薬室の過熱によるコックオフ(弾薬の自然発火)といった問題が多かったが、ほぼ唯一の国産軽機関銃でありイタリア軍で第二次世界大戦中活躍した。

登場作品ジャンル使用者備考
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
コール オブ デューティ ワールドウォーII項目参照
バトルフィールド1942 ロード・トゥ・ローマ項目参照
炎の戦線 エル・アラメイン映画イタリア兵
メダル オブ オナー アライドアサルト リロード2nd項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 英版WikipediaとかModernFireArmsとかForgottenWeaponsとかを参考にページ作成しました ガンマニアには寛容さが肝要(激寒)。-- 32? 2015-03-09 (月) 02:55:54
  • おお 乙です -- 2015-03-09 (月) 06:54:07
  • 油を塗るのはブラシじゃなくて内蔵された機構だった気がしてきた…同じブレダのM37がそんな感じらしいし -- 投稿した人? 2015-03-09 (月) 10:47:30
  • すげー使えない機関銃だったらしいけど
    まともに改良できなかったのか? -- 2018-05-25 (金) 09:30:26
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-28 (金) 22:27:54 (35d)