バッカーノ! / Baccano!

原作:成田 良悟、イラスト:エナミ カツミ

 禁酒法時代のアメリカを舞台に、≪不死の酒≫を巡って様々な人物が入り乱れるバカ騒ぎ(バッカーノ)を描いた作品。

アニメ版

2007年
監督:大森貴弘、アニメーション制作:ブレインズ・ベース

・作品解説
 アニメ版のストーリーは『The Grund Punk Railroad』、『The Rolling Bootlegs』、『Drug & The Dominos』の3作品が主軸となって構成されている。
 全13話という時間上の都合により一部のストーリーは大幅な改編を余儀なくされているが、アニメオリジナルキャラを登場させたり(逆に原作のキャラクターで登場しない者もいる)、ラッドのライフルを再設定するなど、幾つかオリジナル要素もみられる。

 補足だが2010年には『バッカーノ!』のスタッフが成田良悟作品『デュラララ!!』をアニメ化している。*1

使用者銃器名(初)登場話備考
クレア・スタンフィールドコルト ディテクティヴスペシャル9,12年配の車掌から強奪
キース・ガンドールコルト M191112サイレンサー装着
ダラスの仲間の射殺時に使用
ベルガ・ガンドールコルト M191112サイレンサー装着
ダラスの仲間の射殺時に使用
ラック・ガンドールコルト M191112サイレンサー装着
ダラスの射殺時に使用
マイクコルト ディテクティヴスペシャル9事務所で使用
モルサ・マルティージョコルト ディテクティヴスペシャル5,10祝砲
ジャグジー・スプロットトンプソン M19288,11,12ドラムマガジン装着
8話はルッソファミリー襲撃時
レムルース構成員の銃を使用
ファン・リンシャントンプソン M192812ドラムマガジン装着
レムルース構成員の銃を所持
ヨウン パーネルトンプソン M192812ドラムマガジン装着
レムルース構成員の銃を所持
ラッド・ルッソブローニング BPR1〜短銃身モデル(ランダル風カスタム)
公式ブログによると架空銃の設定*2
トンプソン M19284逆さの銃を小指で撃つ
レムルース構成員の銃を使用
コルト ディテクティヴスペシャル4死んだビッキーの銃を所持
ビッキーコルト ディテクティヴスペシャル3,4二挺拳銃
食堂車で使用
デューンコルト M19119発砲無し
ルッソファミリー組員
(白服集団)
コルト M19115,9発砲無し
トンプソン M19284,11,12レムルース構成員の銃を所持
セラード・クェーツトンプソン M192811ドラムマガジン装着
クラブ襲撃時に使用
US M1917リボルバー12,13マイザーの足を撃つ
ダラス・ジェノアードトンプソン M19289,12ドラムマガジン装着
事務所襲撃時に使用
コルト M191112発砲無し
ダラスの仲間トンプソン M19289,12ドラムマガジン装着
事務所襲撃時に使用
グース・パーキンズルガー P085,12
US M2火炎放射器12,13レムルースの秘密兵器
グローブピストル13OSS グローブピストルに似ている
スパイクスプリングフィールド M190310,12,13スコープ装着
レムルース構成員トンプソン M19283〜ドラムマガジン装着
バルトロ・ルノラータコルト M191113グスターヴォの射殺時に使用
グスターヴォトンプソン M192810ドラムマガジン装着
ガンドールファミリー襲撃時に使用
コルト M191110ガンドール三兄弟の射殺時に使用
角砂糖トンプソン M19285ドラムマガジン装着
新聞社で所持
ルノラータファミリー組員トンプソン M19281,5,10ドラムマガジン装着
コルト M19111発砲無し
マフィアトンプソン M19281ドラムマガジン装着
禁酒法時代の回想シーンにて使用
警察官ウィンチェスター M18971発砲無し
年配の車掌コルト ディテクティヴスペシャル2,9発砲無し
DD新聞社社員RSAF エンフィールドNo.23発砲無し
マウザー C96
ウィンチェスター M1873
コルト M18515フィーロの幹部昇進シーンで登場
(ケース内に収納されている)
食堂車の乗客トンプソン M192812ドラムマガジン装着
レムルース構成員の銃を所持

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 1930年代前半にサプレッサーは存在してないと思いますが、アニメを見る限りはサプレッサーでした(発砲音も) -- 2007-12-27 (木) 09:11:57
  • リンク先を読めば判りますが、サイレンサーは当時すでに存在しました。 -- dan? 2007-12-27 (木) 11:16:52
  • セラードの名前はクェーツだと思います -- 白波? 2007-12-27 (木) 22:21:21
  • 一介のマフィアが入手できる代物だったのでしょうか?それとどの程度の大きさだったのか気になります。
    アニメでは、よく見る拳銃サイズのサプレッサーでしたが。 -- 2007-12-28 (金) 14:20:13
  •  マキシムサイレンサー(サプレッサーの名前はずっと後のもの)は、狩猟用に民間でも販売され、しかも大ヒットだったようです。むしろマフィアあたりはこぞって買ってそうです。実際のところは知りませんが。
     ただ、弾薬の速度のせいで問題があったのでブームが沈静。暗殺用に改良が進んだのは第2次大戦前後だそうです。
     マキシムサイレンサーの大きさはちょっと判りかねます。興味がありましたら是非お調べになって、ページに一筆加えていただきたいです。 -- dan? 2007-12-28 (金) 16:01:40
  • マキシムサイレンサーってコルト.25用の小さいサイレンサーの事では? -- アミーゴ? 2008-04-29 (火) 13:40:07
  • サイレンサーの事については1934編でエドワードかヴィクターが火器法に -- 2014-06-04 (水) 18:19:04
  • ↑途中送信失礼。サイレンサーの事については1934編でエドワードかヴィクターが火器法に言及した所にサイレンサーやフルオートトミーガンやソウドオフショットガンの規制をするとか何とか書いてました。 -- 2014-06-04 (水) 18:23:02
お名前:


*1 実は『デュラララ!!』は『バッカーノ!』と同じ世界観である
*2 BPR(ブローニング ポンプアクション ライフル)とM1873を合成させた作品オリジナル銃とのこと。ちなみにショットガンではなくライフルである。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:09:06 (917d)