トリジコン ACOG

ACOG TA31RCO-M150CP
モデル倍率xレンズ径全長重量光源
TA01NSN4x32147.3mm424.1gトリチウム
TA31RCO-M150CP4x32185.4mm(フルセット)452.9g(フルセット)トリチウム・光ファイバー
TA11MGO-M2493.5x35221.0mm396.9g
TA11SDO-CP3.5x35221.0mm589.7g
TA648MGO-M2406x48266.7mm1255.9g

 ACOG(Advanced Combat Optical Gunsight)とは、アメリカのトリジコン(Trijicon)社が製造するスコープシリーズである。倍率は固定で、一般的なテレスコピックスコープより小型。倍率(1.5倍から6倍)、レティクル形状、RMR(ミニダットサイト)の有無などで多種多様なバリエーションを誇る。
 特徴は電池不要なトリチウムと光ファイバーを利用したレティクル発光、両目を開けた状態での使用を考慮した設計(BAC:BindonAimingConcept)である。
 従来のスコープでは両目での照準が難しく、片目を閉じて覗くと視野が狭まるだけでなく、視野が暗くなるという問題があった。そこでACOGではBACに基づいて設計されており、明るい視野とレティクルによって両目で覗いた時に自然に標的をズームできるようになっている(倍率の付いたダットサイトのように扱える)。明所ではスコープ上部の集光チューブから光ファイバーを通してレティクルを照らし、暗所では内臓のトリチウムが光る。
 弾丸の落下から距離に合わせた照準線を持ち、これを弾道補正機構(BDC:BulletDropCompensator)呼ぶ。これは全モデルに標準装備されている。
 ピカティニー規格のレイルに対応したマウントを持つ他、AR-15系のキャリングハンドルに直接マウントすることも可能である。基本的に2本のネジ締め固定だが、モデルによってはQD(クイック脱着)タイプが装備される。
 2013年からミニドットサイトのマウント穴が標準装備された。

 2000年代初頭のアフガン紛争やイラク戦争の頃、市街地戦で誤射が多発しており、アメリカ軍は敵味方・民間人を識別して誤射を防ぐ目的で、一般兵にも広くACOGを配備した。またこの時期、非正規戦闘において5.56mm弾の威力不足と射程不足が囁かれており、旧式だが大口径・長射程のM14が持ち出されたり、高威力の6.8mmx43 SPCへの移行なども検討されていた。ACOGの配備で弾着を良く確認できるようになると、威力不足ではなく単に当たっていなかった事が判明した。この後、新型弾薬(M855A1)の配備もあり、5.56mm弾の不満は激減した。

 「TA01NSN」は初期のACOGでSOPMODキットのBlock1に採用されている。このモデルには光ファイバーによる光源やBAC設計がない。レティクルはクロスヘア型で夜間のみトリチウムが発光する。BDCの対応距離は600m。また近距離戦・バックアップ用のゴーストリングサイトが取り付けられている。

 「TA31RCO(RifleCombatOptic)」は現在米軍で使用されているACOG。外形はほぼTA01と同じだが、光ファイバー・トリチウムのデュアル光源を持ち、レティクルはシェブロン(逆三角)形で常に発光する。BDCは800mまで対応し、バックアップサイトを持たない。ベースモデルのTA31Fとの違いは、レンズを保護するレンズキャップとキルフラッシュ(反射防止材)を標準装備している点。陸軍向けが「M150CP」で、海兵隊が「M4」・「A4」であり、それぞれ微妙にBDCが違う。現在では海兵隊においてシェブロンレティクルをTA11SDOと同じレティクルに改装したTA31Dが使用されている。

 「TA11」は海兵隊向け分隊支援火器用ACOGで、倍率が3.5倍になり、TA01、TA31の弱点であったアイリリーフ距離が長くなった。馬蹄型レティクルのTA11Hをベースにした専用の複雑なレティクル形状を持つ。「SDO-CP」モデルには上部にRMRサイトが取り付けらている。

 「TA648MGO」は機関銃用ACOGで、6倍・馬蹄型レティクルを持つ。主に海兵隊で用いられている。倍率が高いだけに大型で、上部にミニダットサイト用のピカティニーレールが取り付けられている。*112.7mm弾に対応した「TA648MGO-M2」も存在する。

 この他、イギリス軍ではDoctor(ミニドットサイトの一種)を上部に搭載したTA31を、自衛隊のAASAM出場チームがLED+単三電池を使用するTA02を使用している。

 シンプルで高性能なスコープだが、高価で、TA01NSNは1347ドル、TA31RCO-M150CPが1779ドル、TA11SDO-CPが2698ドルにもなる(2015年10月現在、Trijicon社ホームページより)。M4カービンの単価が650ドル程度と考えるといかに高いかが分かる。

 一時期、軍に納入された製品に聖書の一節を示す刻印があったことで、イスラム系団体から反発を受け、物議を醸した。これに対し、トリジコン社は軍用モデルへの刻印を削るという対策を取った。トリジコン社によれば刻印は複数種類あるが、その節の内容は「光」に関するものでACOGの「電源なしに光り続ける」という特徴を表しているに過ぎず、聖戦の意味合いはないとされる。


このページの画像はトリジコン社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 軍用品はもう少し安いんだっけ? -- 2015-11-27 (金) 15:54:06
  • これはダットサイトと同じように、どこから覗いてもレティクルの位置は変わらないんですか? -- 2015-12-20 (日) 18:04:59
  • いいえ。その為普通のスコープの場合は視差を矯正するダイアルが存在しますが、ACOGの場合は説明が難しいんですが、正しく覗きこんだ時に「レティクルの右側だけがぼやける」ような構造になってまして、これによって素早く、直感的な照準が可能なようになっています。 -- 2015-12-20 (日) 20:43:56
  • 照準するとき片目閉じる人はいるみたいですよ。要は個性だと。 -- 2016-02-22 (月) 14:12:42
  • いやACOGではそれは正しいのかって話だろ。正しい使い方かそうでないかで言ったら違う。ACOGは両目で見た時に正しく機能するように「歪み」が付いてるからな。 -- 2016-02-22 (月) 20:49:28
  • ホースシューレティクルって狙いやすいの?
    普通にシェブロンレティクルでいいと思うけど・・・ -- 2016-12-04 (日) 04:02:38
  • 何が「普通」な訳?どっちも普通じゃないしそもそも選べるんだけど。 -- 2016-12-04 (日) 09:18:01
  • あー、ごめん言い方が悪かった。
    ただ純粋にACOGのホースシューレティクルの評価を聞きたかっただけなんだ -- 2016-12-05 (月) 06:18:30
  • そんなもん大して差がある訳ないだろ。シェブロンはターゲットに重ねて使うもの、ホースシューはターゲットの外周に合わせて使うもの。単純なターゲットの見やすさで言えばホースシューの方が上としか言い様が無いけど。 -- 2016-12-05 (月) 07:55:55
  • トリジコンがACOGの100万機生産記念でACOGの歴史を公開中ttps://www.millionthacog.com/history/ -- 2017-10-16 (月) 11:58:15
お名前:


*1 他の機種ではミニドットサイトは専用マウントが用いられる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-10 (土) 02:17:57 (250d)