シグ MKMS / SIG MKMS 【短機関銃】

シグ MKMS
モデル名全長重量口径発射速度装弾数発射形式製造国
MKMS1,025mm3.9kg7.65mm×21 Parabellum
9mm×19 Parabellum
7.63mm×25 Mauser
9mm×25 Mauser
800〜850発/分40S/Fスイス

 MKMSは、1937年にスイスのシグ社で開発、製造された短機関銃。1930年に同社のゴットハルト・エンド技師らによって開発されたMKMOの派生型である。MKMSとは「Maschinen Karabiner Militär Seitlich」の略称で、側方排莢式軍用マシンカービンの意。

 元となったMKMO(Maschinen Karabiner Militär Oben;上方排莢式軍用マシンカービン)は、ハンガリーのパール・キラーイ設計によるレバー・ディレードブローバック「キラーイ・システム」を採用していた*1が、MKMSは構造の簡素化のため、一般的なオープンボルト撃発・ストレートブローバック作動に変更されていた*2
 このシリーズの特徴として、高火力を意図した長銃身と着脱式40連発マガジン*3、運搬や携行の軽便さを意図した折り畳み式のマグウェル(弾倉装填孔)がある。マグウェルは挿し込んだマガジンごと前方に折り畳んでフォアストック内に収まる仕組みで、長く嵩張る40連発マガジンの取り回しを考慮した設計だった。
 レシーバー左側面にはマニュアルセイフティを備え、トリガーの引き代でセミ/フルの切り替えが可能なプログレッシブ・トリガーを有していた。

 シリーズはMKMOを基礎として、MKMSのほか、警察向けの短銃身モデルMKPO、MKPSが作られた。ごく少数がスイスの警察、陸軍、バチカンのスイス衛兵に採用されている。国外向けには282挺のMKMSがフィンランドに輸出されて継続戦争で使用された。
 いずれも高価な短機関銃であったことからかセールスは低調で、1941年にはすべてのシリーズが生産終了している。

登場作品ジャンル使用者備考
幼女戦記アニメアンソン・スー
ターニャ・フォン・デグレチャフ

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/短機関銃/シグ MKMS?

お名前:


*1 SIG MKPS: Possibly the Most Beautiful SMG Ever Made
*2 SIG MP Disassembly and reassembly*動画の銃は短銃身型のMKPS。
*3 警察向けモデルは30連発マガジン。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-07-19 (水) 10:05:53 (228d)