大宇 K14 【小銃(狙撃銃)】

大宇 K14
全長重量口径装弾数製造国
1150mm5.5kg7.62mm×515/10韓国

 2013年に韓国の大宇社が開発した、韓国軍初のボルトアクション狙撃銃
 韓国軍は本銃採用以前は正式の狙撃銃を保有しておらず、1970年代後半まで少数のM1ガーランドC/Dを使用していた。
 その後1980年代後半には、K2に狙撃用スコープを取り付けて使用していたが、イラク戦争とアフガニスタン戦争以降を機にアメリカ軍の作戦が変化し始めた。
 これらの戦闘地域に配備された韓国陸軍の将校は、味方と敵双方の狙撃兵の有効性を目の当たりにした。そのことから小隊や部隊レベルで特別に訓練された狙撃兵を数多く抱え、北朝鮮軍が維持した狙撃兵に対抗するため、陸軍は狙撃兵の役割をその軍に組み込むことに決めた。

 韓国陸軍の他、ヨルダン軍で採用されている。

登場作品ジャンル使用者備考
Alliance of Valiant Arms項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • とりあえず、韓国の狙撃銃について、形だけ -- 2018-08-24 (金) 20:10:45
  • ところどころ日本語?かどうか分からない部分があるので修正お願いします -- 2018-08-26 (日) 08:56:36
  • とりあえず直せそうな部分を修正しておきました -- 2018-08-26 (日) 11:18:35
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-26 (日) 14:37:57 (788d)