ベルグマン M1896 / Bergmann Model 1896 【自動拳銃】

ベルグマン M1896 No.3
全長重量口径装弾数製造国
254mm1130g5mm Bergmann
6.5mm Bergmann
8mm×22 Bergmann
5ドイツ

 M1896は、ドイツ人企業家のテオドール・ベルグマンが設計した自動拳銃である。ボーチャードピストルC96同様、19世紀、自動拳銃の黎明期に登場した。
 元々はドイツ人設計技師であるルイス・シュマイザー(ヒューゴ・シュマイザーの父親)の協力を得て1894年に開発した試作型「M1894」がベースで、ベルグマン自身が設計・販売を行った最初のモデルが「M1896」になる。

 C96同様、トリガー前方の固定式弾倉・クリップ装填方式を採用している。ただし、弾倉はカバーに覆われており、装填の際はカバーを開いて下側からクリップを入れる必要がある。
 初期の弾薬は薬莢底部に溝が無い設計で、ジャム防止策として先細りの形状をしていた(強いテーパーがかかっている)*1。これは銃本体にエキストラクターが付いていないための措置だったが、後期型ではエキストラクターが付いて、薬莢底部にも溝が設けられるようになった。

 M1896は、同時期に登場したC96ほど大きな成功を収めることはなかった。どちらかと言うと、ベルグマンは自動拳銃の分野よりも、後に設計した短機関銃MP18で有名である。

登場作品ジャンル使用者備考
100万ドルの血斗映画マイケル・マッカンドレス
ブラック・シーザー映画殺し屋

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 誰もこの銃の話してない…
    マニアック過ぎるのかね -- ポツダムマスケット? 2018-05-29 (火) 11:53:30
  • メディアに全然出て来てませんからね -- 2018-05-29 (火) 12:40:31
  • スチームパンクを思わせるデザインで滅茶苦茶かっこいいと思う(こなみ) -- 2018-05-29 (火) 20:14:49
お名前:


*1 7.62mm x39弾』項も参照。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:53 (2990d)