スタームルガー SR9 / Sturm, Ruger SR9 【自動拳銃】

スタームルガー SR9
モデル全長重量口径装弾数製造国
SR9191mm750g9mm×1917+1アメリカ
SR9c174mm663g
SR40191mm773g.40 S&W15+1
SR40c174mm663g
SR45190mm855g.45 ACP10+1

 スタームルガー社が、2007年に発表した自動拳銃。スタームルガー社製としては初めてのストライカー式である。グロックの設計をそのまま流用しており、米国内で発効されたグロックのパテントが失効したその年に発売された。
 SRシリーズがグロックと異なっているのは、フレームにアンビサムセイフティを備えた点で、射手がセイフティのロック/アンロックを任意に行えるようになっている。また、グリップにユニークな着脱式バックストラップを設けており、取り外したのちひっくり返して再装着することで、形状をストレートないしアーチ状のいずれかに選択可能となっている。
 この他、チャンバーに弾が装填されていることを知らせるローデッド・チャンバー・インジケーターは、スライド上にかなり大型なものが備えられ、マガジン未装填時の撃発を防ぐマガジンセイフティも設けられている。この二つは、銃規制に厳しいカリフォルニア州でのコンプライアンスを満たすためのものでもある。

 ちなみに、グロック 17より安価に設定されている。

登場作品ジャンル使用者備考
ウォーム・ボディー映画ジュリー
グリーン・ホーネット項目参照
デス・ウィッシュ項目参照
ホワイトハウス・ダウン項目参照
ミッション:8ミニッツ映画コルター・スティーヴンス
デレク・フロスト

このページの画像はSTURM RUGER社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 9Eとの違いを教えていただけませんか? -- 2015-01-04 (日) 17:31:11
  • SR9EはSR9の廉価版だそうです。thefirearmblogの当該記事からの羅列になりますけど、 ・セレーションがより大きく少ないものに変更 ・アイアンサイトが小型化 ・ローディングインジケーターなし(代わりに直接チャンバーを見る覗き穴を追加)が機能的な差異。外観や商品全体の仕様に関しては ・カラーは黒のみで艶出し加工無し ・付属マガジン1本のみで他の付属品なし ・パッケージがハードケースから段ボールに変更 といった差があるようです。 -- 2015-01-04 (日) 17:45:22
  • それで$100も違うんだw、ご返答感謝です -- 2015-01-04 (日) 17:56:47
  • 今時マガジンセーフティって珍しいな。 -- 2015-01-14 (水) 13:12:57
  • ちなみにこれ、サムセイフティはデコッキング兼用でしょうか? -- 2015-01-14 (水) 18:43:25
  • デコッカーはありません。グロックと同じ…つまり変則DAOですから、常にデコッキングされてるようなものです。プリコック式なので正確にはちと違いますが。 -- 2015-01-16 (金) 01:56:25
  • デコッキング機能が付いてるセーフティはだいたいスライド側にある。フレーム側にあるセーフティはだいたいデコッキング機能が付いてない。 -- 2015-01-16 (金) 11:27:13
  • あくまでも個人の主観だが、デコッキング機能がない(コック&ロック)セーフティはガバを、デコッキング機能があるセーフティはP38やPPを意識した位置になっているのかと。 -- 2015-01-16 (金) 11:29:04
  • あくまでも個人の主観だが、デコッキング機能がない(コック&ロック)セーフティはガバを、デコッキング機能があるセーフティはP38やPPを意識した位置になっているのかと。 -- 2015-01-16 (金) 11:29:05
  • もっとも、USP系統のような例外はあるが。 -- 2015-01-16 (金) 11:29:38
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-06 (日) 18:34:11 (309d)