シーキャンプ LWS / Seecamp LWS 【自動拳銃】

シーキャンプ LWS-380
モデル全長銃身長重量口径装弾数製造国
LWS-25108mm52mm (2.06in)340g.25 ACP7+1アメリカ
LWS-32108mm52mm (2.06in)326g.32 ACP6+1
LWS-380108mm52mm (2.06in)325g.380 SCP6+1

 LWSシリーズは、アメリカのシーキャンプ社が開発した、ダブルアクションオンリーの護身用ポケットピストルである。LWSとは、同社の設立者であるルートヴィヒ・ヴィルヘルム・シーキャンプの頭文字からとられている。
 元々、シーキャンプ社はダブルアクション式に改造した1911クローンを製造しているメーカーで、LWSは同社初のオリジナル拳銃となる。

 作動方式はシンプルブローバック。スライドとフレームはステンレススチール製。銃身下部のスライドリターンアクションには二重のリコイルスプリングが用いられている。衣類等への引っ掛かりを防ぐため、ハンマーはスパーレスデザイン。至近距離での使用を前提としているので、アイアンサイトは装備されていない。マガジンリリースレバーはグリップ底部にある。
 外装式のテイクダウンレバーは無く、分解するには別途ツールが必要になる。分解方法だが、LWSにはスライドストップ機能が無いので、排莢口に空薬莢を挟むことでホールドオープンさせる。次にスライド後部側面の小さい穴にピン等を押し込んで、スライドロックを解除。その後、スライドを持ち上げることで分解することができる。

 1981年登場の最初期モデル「LWS-25」.25ACP弾を使用するが、威力不足のため1985年に製造が終了。同年、より強力な.32ACP弾が使用可能で、作動方式をディレードブローバックに変更した「LWS-32」が開発された。この銃は、LWS-25に代わり同社の主力製品になっている。2003年には.380ACP弾が使用可能な「LWS-380」が登場している。
 また、銃規制に厳しいアメリカの一部の州での販売用に「LWS-32 CAエディション」も用意されている。これは、基本的にはLWS-32と変わらないが、トリガーの根元にトリガーブロックが追加されている。ちなみにCAとはカリフォルニア州のことで、同州はマニュアルセイフティを備えた自動拳銃のみが販売可能なことから、この名称が付けられている。

登場作品ジャンル使用者備考
エスケープ・フロム・L.A.項目参照
コン・エアー項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
ハード・ジャスティス映画食品容器の中に入っている

このページの画像はシーキャンプ社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/自動拳銃/シーキャンプ LWS?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-01 (月) 10:22:53 (2383d)