ゾンビ・コップ (原題 DEAD HEAT)

1988年、アメリカ映画
監督:マーク・ゴールドブラット

・ストーリー
 ある日白昼堂々、宝石店に覆面を被り重武装の二人組の強盗が押し入る。
 駆けつけた警官隊と銃撃戦を繰り広げるも銃弾を50発以上を浴びせても平気な犯人たちに警察側は苦戦するが、ロサンゼルス警察の問題児、ロジャー・モーティス・ダグ・ビグロー両刑事によってようやく倒される。
 その不死身ぶりにロジャーはドラッグの可能性を疑うが、検死を行ったレベッカから驚くべき報告が届く。なんと体に以前検死を行った跡があったのだ。更に死体の皮膚組織からバクテリア感染症を防ぐ薬であるスルファチアゾールが検出される。
 さっそく二人は最近スルファチアゾールを大量購入したダンテ製薬会社を捜査するが、ダグは密かに入った立ち入り禁止の部屋で不思議な装置に寝かせられた二つの顔がある不気味な大男を発見。その大男が目覚め乱闘になるが、その最中にモーティスが動物安楽死用の真空密閉室に閉じ込められ窒息死してしまう。
 その後、検死のためにやってきたレベッカは装置を調べ、死者が蘇生する装置であることを突き止める。それを使ってロジャーは本当に蘇生するが活動可能な時間はわずか12時間だった。その限られた時間の中で二人は犯人を見つけようとするが―――
 

使用者銃器名備考
ロジャー・モーティスS&W M296-1/2インチ
ウィンチェスター M1300ヘルツォーク警部補の車に積んであった物
ベレッタ M92蘇生後から使用
コルト パイソン白バイ警官から借りる
IMI ウージー警備員から奪う
US M61破片手榴弾
ダグ・ビグローコルト M1911
ヘルツォーク警部補S&W M60
アーネスト・マクナブ博士IMI ウージーピストル
ミスター・スールIMI ウージーピストル
拳銃強盗IMI ウージー鈍器として使用した事も
US M61破片手榴弾
警官ウィンチェスター M1300
S&W M194インチ
SWATコルト M16スリング装着
ダンテ社の受付ワルサー PPK
ポールゾンビーズIMI ウージーピストル
エンドゾンビベレッタ M92ロジャーから奪う
白バイ警官コルト パイソン4インチ
発砲なし
ダンテ製薬会社の警備員IMI ウージー
ダンテ社社員H&K MP5A1

コメントはありません。 Comments/ゾンビ・コップ?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-29 (日) 19:00:28 (353d)